アサヒビール大山崎山荘美術館
 

企画展のご案内

<< 次頁へ
企画展の一覧ページ
前頁へ >>

光と灯り [前期] 2013年9月21日(土)-2014年1月13日(月・祝)[後期] 2014年1月17日(金)-4月13日(日)

「光の画家」とよばれる印象派の巨匠クロード・モネ(1840-1926)は、時間や季節とともに移ろいゆく光を追いかけ、カンヴァスにとどめたことで知られていますが、古今東西の作家たちが追求したのは、自然光にとどまりません。キリスト教的世界観をとらえたジョルジュ・ルオー(1871-1958)やパウル・クレー(1879-1940)、諸仏諸神を題材とした版画を残す棟方志功(1903-1975)らは、信仰の対象としての光を描きました。
本展では、これら光の表現を特徴とする平面作品をはじめ、さまざまな釉薬によって独特の光沢を放つ、古陶磁や河井寬次郎(1890-1966)、濱田庄司(1894-1978)らの陶磁器もご紹介いたします。
また、人の手でつくり出される光である「灯り」にも焦点をあて、19世紀の行灯皿など、かつて日本の暮らしを支えた照明用具を展示するとともに、百年にわたり大山崎山荘(登録有形文化財)内を彩ってきた、ランプシェードやステンドグラスの数々にも注目いたします。
明るさをもたらす光にはいくつもの表情がある、ということに気づかせてくれる当館のコレクションをとおし、私たちを惹きつけ、照らし、導いてくれる、光そして灯りについてあらためて考える展覧会です。
ピエール・ボナール《開いた窓辺の静物》1934年

《スペイン ラスター彩鉢》18世紀 河井寬次郎《海鼠釉片口》1933年頃 クロード・モネ《睡連》 1907年 ※いずれも当館蔵

ギャラリートーク

◆日 時:
本展覧会中の第2・第4土曜日
各回14:00-14:30
◆会 場:
当館展示室
◆内 容:
学芸員が本展覧会の見どころを解説
◆参加費:
無料、ただし美術館入館料は別途必要
※事前申込不要

第1回おおやまざき寄席 『睡蓮亭』

安藤忠雄建築「地中の宝石箱」に展示されたクロード・モネの連作 ≪睡蓮≫。
そこに高座を設け、限定50名様に古典落語をお楽しみ頂く特別なイベントです。
開演時間までは館内の展示をごゆっくりお楽しみ下さい。

◆日 時:
2014年2月15日(土)17:30開演
◆会 場:
アサヒビール大山崎山荘美術館 「地中の宝石箱」
(地中館展示室)
◆出 演:
林家 染弥(はやしや そめや)
桂 華紋(かつら かもん)
◆入場料:
2000円 <入館料込み。全席自由(整理番号付き)>
◆定 員:
50名 要申込(抽選)
◆申込方法:
FAXで
(1)参加者全員の氏名(2)住所(3)電話番号(4)年齢をご記入のうえ、アサヒビール大山崎山荘美術館まで
FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで
◆申込締切:
2014年1月15日(水)

アサヒ ラボ・ガーデン提携企画 レクチャー「光と灯りのコレクション」

◆日 時:
2013年10月5日(土)/②2014年1月18日(土)
各回14:00-15:00
◆会 場:
アサヒ ラボ・ガーデン(最寄:JR大阪駅・各線梅田駅)
◆内 容:
企画展の理解をより深めるためのレクチャー
◆参加費:
無料
◆定 員:
各回40名、要申込(抽選)
◆申込方法:
(1)9月中旬-9月25日/(2)12月中旬-1月8日
※こちらのイベントは終了いたしました

大山崎山荘+聴竹居 〈大山崎のモダンライフ探訪ツアー〉

◆日 時:
2014年 ①1月24日(金)/②1月29日(水)/③2月2日(日)/④2月12日(水)/⑤2月23日(日)/⑥3月2日(日)/⑦3月12日(水)
各回13:00-16:00
※定員に達しましたので受付を終了いたしました
◆会 場:
アサヒビール大山崎山荘美術館(庭園内非公開施設含む) ~徒歩~ 聴竹居
◆内 容:
同時代を生きた大山崎の二大セレブリティー、実業家・加賀正太郎と建築家・藤井厚二のモダンライフをめぐる当館学芸員と聴竹居倶楽部メンバーによる建築探訪ツアー
◆参加費:
無料、ただし美術館入館料と聴竹居見学料(1000円)は別途必要
◆定 員:
各回15名 要申込(先着順)
◆申込方法:
FAXまたは往復はがきで(1)氏名(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号(5)希望日をご記入のうえ、「モダンライフ探訪ツアー係」まで
FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで
※対象は高校生以上
※往復はがきの場合は、参加希望日1週間前必着
※電話・メールによる受付はいたしません

カフェ企画「芸術家たちの光 (La Lumiere d'Artistes)」 (3種類の特製オリジナルケーキ)

◆期 間:
展覧会期間中
◆会 場:
当館本館2階喫茶室
◆内 容:
リーガロイヤルホテル京都がこの展覧会のために考案した3種類の特製オリジナルケーキを提供いたします。クロード・モネの庭園、パウル・クレーの描いた天使、ジョルジュ・ルオーの手がけたステンドグラスをイメージしています。
モネの庭(Le Jardin de Monet)抹茶、ほうれん草、さつまいものケーキ クレーの天使(L’Ange de Klee)クリームチーズ、ホワイトチョコレートのケーキ ルオーのステンドグラス(Le Vitrail de Rouault)オレンジ、レモン、トロピカルフルーツのケーキ
◆料 金:
500円(単品税込)、ただし美術館入館料は別途必要
◆協 力:
リーガロイヤルホテル京都

クリスマス・スペシャルウィーク

◆期 間:
2013年12月17日(火)-12月25日(水)
◆開催場所:
アサヒビール大山崎山荘美術館
※クリスマス・スペシャルウィーク イベントは終了いたしました

山荘の夕べ~ウイスキー・トーク

クリスマスにふわさしいウイスキーの味わい方を探っていただく大人のトークイベントです。大正から昭和初期にかけて大山崎山荘を建てた加賀正太郎(1888-1954)は、ニッカウヰスキーの創業にも深く関わっていました。暮れゆく山荘で往時に思いを馳せながら、ウイスキーのテイスティングなどもお楽しみいただきます。

◆日 時:
2013年12月21日(土) 17:30-19:30
◆定 員:
20名(先着順)
◆講 師:
アサヒビール株式会社 マーケティング本部
ウイスキーアンバサダー
簑輪陽一郎(みのわよういちろう)
◆参加費:
1000円、ただし美術館入館料は別途必要
◆対 象:
20歳以上の方
(お酒を楽しむイベントですので、ご来館には公共交通機関をご利用ください)
◆申込方法:
FAXまたは往復はがきで、代表者の方の、(1)氏名 (2)年齢 (3)住所(4)電話番号 (5)FAX番号(6)同行者の有無と氏名、年齢 をご記入のうえ、アサヒビール大山崎山荘美術館「山荘の夕べ~ウイスキー・トーク係」まで
FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで
※往復はがきの場合は、12月14日(土)必着
※電話、メールによる受付はいたしません

洋館のクリスマスキャロル

大山崎山荘が社交場として多くの客人を迎え入れていた昭和初期、2階の吹き抜けの間では楽団が音楽を奏でていたといいます。本イベントでは同じ場所で、同志社リーダークランツによる合唱をお楽しみいただきます。同志社リーダークランツは、大山崎山荘と同時代に誕生した、歴史と伝統ある男声合唱団です。華やかなりし時代を思い起こさせる、洋館ならではのクリスマスを演出いたします。

◆日 時:
2013年12月22日(日)
(1)14:00-14:20/(2)16:00-16:20
◆出 演:
同志社リーダークランツ
◆参加費:
無料、ただし美術館入館料は別途必要
※事前申込不要
本館 内観 同志社リーダークランツ

オルゴール・モーニング

本イベントでは、通常1時間に1回、1曲のみのオルゴール演奏を、学芸員によるディスクの交換実演や解説を交えながら3曲演奏、ご紹介いたします。ポリフォン・ムジクヴェルケ社製オルゴールの「ミカド」は、同社で最大のディスクを使用するモデルで、豊かで力強い音色を特徴としています。100年前より変わらない響きを、じっくりとご堪能ください。

◆日 時:
2013年12月17日(火)-12月25日(水)
11:00-11:15
◆講 師:
当館学芸員
◆参加費:
無料、ただし美術館入館料は別途必要
※事前申込不要


<< 次頁へ
企画展の一覧ページ
前頁へ >>

PageTopPageTop