アサヒビール大山崎山荘美術館
 
EXHIBITION 展覧会展覧会

開館25周年記念 「和巧絶佳展 ―令和時代の超工芸」

2021年9月18日(土)-2021年12月5日(日)

開館25周年記念 「和巧絶佳展 ―令和時代の超工芸」

 グローバル時代をむかえ、私たちをとりまく物の均質化が進むなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が独自の表現を生みだす資源として見直されています。工芸というジャンルにとらわれることなく、素材を用い、技法を駆使して工芸美を探求する本展の出品作家の取り組みは、人と物との関係を問い直すとともに、手仕事の可能性の広がりを予感させます。本展覧会では、日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家12人を紹介します。

 展覧会名の「和巧絶佳」は、現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向──日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」──を組み合わせた言葉です。この展覧会は、現在の日本の工芸の新しい兆候を示すだけでなく、これまで受け継がれてきた日本の手仕事の可能性を考える機会となることでしょう。
※会場の構成は展覧会図録とは異なります。また、一部の作品は、当館会場には出品されません。

◎会期

2021年9月18日(土)- 2021年12月5日(日)
午前10時~午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで

◎休館日

月曜(ただし、9月20日、11月22日・29日は開館)
振替休館日は9月21日

◎主催

アサヒビール大山崎山荘美術館、朝日新聞社

◎入館料※団体:20名以上
※価格は全て税込表示です。

  

※団体(20名以上)の受け入れは、当面の間中止いたします。

一般
900円(団体:800円)
高・大学生
500円(団体:400円)
中学生以下
無料
障害者手帳をお持ちの方
300円

◎後援

京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、エフエム京都

◎協賛

竹中工務店

  

主な展示作品

  • 舘鼻則孝《Heel-less Shoes》

    舘鼻則孝《Heel-less Shoes》
    2014年 個人蔵
    Photo by Kenji Takahashi
    ©2021 NORITAKA TATEHANA K.K.

  • 桑田卓郎《茶垸》

    桑田卓郎《茶垸》
    2015年 個人蔵
    Photo by Kenji Takahashi
    ©2021 Takuro Kuwata

  • 深堀隆介《金魚酒 命名 伽琳》

    深堀隆介《金魚酒 命名 伽琳》
    2016年 個人蔵

  • 池田晃将《電光十進玉箱》

    池田晃将《電光十進玉箱》
    2019年 個人蔵

  • 見附正康《無題》

    見附正康《無題》
    2019年 オオタファインアーツ蔵
    ©Masayasu Mitsuke;Courtesy of Ota Fine Arts

  • 山本茜《截金硝子香合「無我」》

    山本茜《截金硝子香合「無我」》
    2016年 個人蔵
    ©T. MINAMOTO

  • 髙橋賢悟《flower funeral -goat-》

    髙橋賢悟《flower funeral -goat-》
    2019年 個人蔵
    撮影:橋本憲一

  • 新里明士《光器》

    新里明士《光器》
    2019年 Yutaka Kikutake Gallery蔵

  • 坂井直樹《湯のこもるカタチ》

    坂井直樹《湯のこもるカタチ》
    2019年 作家蔵

  • 安達大悟《つながる、とぎれる、くりかえす》

    安達大悟《つながる、とぎれる、くりかえす》
    2020年 作家蔵

  • 橋本千毅《花蝶螺鈿蒔絵箱》

    橋本千毅《花蝶螺鈿蒔絵箱》
    2018年 個人蔵

  • 佐合道子《とこしえ》

    佐合道子《とこしえ》
    2019年 作家蔵
    写真提供:池田ひらく

関連企画

1 舘鼻則孝氏講演会
「日本古来の文化をみなおし、未来を紡ぐ“リシンク”」

日 程 2021年10月3日(日)10:30-12:00
ゲスト 舘鼻則孝氏(本展出品作家)
定 員 50名、要申込(先着順)
会 場 大山崎ふるさとセンター
*会場は美術館ではありません
参加費 無料
申込方法 返信可能なFAXまたは往復はがきでお申し込みください
【宛先】
(FAX)075-957-3126
(往復はがき)〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
アサヒビール大山崎山荘美術館 イベント係宛
【記載事項】
①イベント番号・日時 ②参加者全員分の氏名
以下は代表者のみ
③住所 ④電話番号 ⑤FAX番号
※申込は1回につき2名様まで
※対象は中学生以上
※往復はがきの場合は、2021年9月26日必着
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします
申込受付中

2 山本茜氏×木田拓也氏 対談会

日 程 10月24日(日) 14:00–15:30
ゲスト 山本茜氏(本展出品作家)×木田拓也氏(本展監修者、武蔵野美術大学教授)
定 員 50名、要申込(先着順)
内 容 京都を拠点に活躍する山本茜氏と、本展を監修された木田拓也氏に展覧会や作品制作などについてお話いただきます
会 場 大山崎ふるさとセンター
*会場は美術館ではありません
参加費 無料
申込方法 返信可能なFAXまたは往復はがきでお申し込みください
【宛先】
(FAX)075-957-3126
(往復はがき)〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
アサヒビール大山崎山荘美術館 イベント係宛
【記載事項】
①イベント番号・日時 ②参加者全員分の氏名
以下は代表者のみ
③住所 ④電話番号 ⑤FAX番号
※申込は1回につき2名様まで
※対象は中学生以上
※往復はがきの場合は、2021年10月17日必着
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします
申込受付終了

3 ヒールレスシューズ試着体験会

日 程 第1回 10月3日(日) 14:00–15:00
第2回 10月16日(土) 10:30–11:30
第3回 10月16日(土) 14:30–15:30
第4回 11月3日(水) 10:30–11:30
第5回 11月3日(水) 14:30–15:30
定 員 各回10名、要申込(先着順)
内 容 米国歌手のレディー・ガガも愛用するヒールレスシューズ。本イベントのために舘鼻則孝氏が特別に制作したヒールレスシューズを履いて、記念写真を撮ろう!
会 場 当館地中館通路
参加費 無料、ただし美術館入館料は別途必要
申込方法 ウェブサイトからお申し込みください
【宛先】
www.asahibeer-oyamazaki.com/r/01/
【記載事項】
①参加希望回・日時 ②氏名 ③靴のサイズ ④住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス
※申込は1回につき1名様まで
※参加可否は、お申込日から1週間以内に、当館よりメールでご連絡します
※ab.oyamazaki@gmail.comからのメールを受信できるよう設定してください
※試着時用の清潔な靴下を必ずご持参ください。感染症予防のため、靴下をご持参されない場合には試着できませんので、予めご了承ください
※記念撮影用のカメラ、スマートフォン等をご持参ください
撮影は当館スタッフが行います
※作品にダメージが出た場合や試着が危険と判断した場合には、やむを得ず中止する場合がございます
※試着から撮影までお一人様あたり約5分を予定しています
※電話・はがきによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします
申込受付終了

カフェ企画 特製スイーツ

リーガロイヤルホテル京都が本展のために考案した特製オリジナルスイーツを提供いたします

抹茶×柚子 Matcha et Yuzu 
― 世界が愛でる和の食材 ―

和巧絶佳展開催を記念し、世界で注目される和の食材を組み合わせたスイーツを作りました。抹茶とはちみつのスポンジケーキを交互にかさね、柚子ジャムと抹茶のシロップで香りつけをしています。
豊かなハーモニーをお楽しみください。

ガトー・ド・マロン Gâteau de Marron 
― モネが暮らしたジヴェルニー おだやかな秋の情景 ―

食通としての顔をもつクロード・モネが残した自作のレシピをアレンジしたマロンケーキ。フランス産の栗ペーストをたっぷり使用し、しっとりとした味わいです。
栗の香りとクリームのなめらかさをお楽しみください。 

提供期間 2021年9月22日(水)- 2021年12月5日(日)
*特製スイーツのご提供は9月22日からとさせていただきます
協  力 リーガロイヤルホテル京都
料  金 ケーキ単品 各570円 ケーキ・ドリンクセット 各970円 (コーヒー/紅茶いずれかとセット) ※ 税込、美術館入館料は別途必要
イベントカレンダーページへ