アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

ジョアン・ミロの彫刻展 ご紹介その1

2019月7月13日
  • 展覧会

本日は、ご好評いただいております「ジョアン・ミロの彫刻 ―夏のアサヒビール大山崎山荘コレクション」展をより楽しんでいただくために、ミロの彫刻にまつわるお話をご紹介いたします。

20世紀を代表する巨匠として世界的に名を馳せるミロですが、絵画ばかりでなく、彫刻作品も手掛けています。その作品は遊び心に溢れたミロらしいものばかりです。

ミロの彫刻がまとまって展示される展覧会は数少なく、本展覧会は大変貴重な機会となっております。なお、当館所蔵の彫刻作品を一挙に14点公開するのは今回が初めてです!190713_miro.JPG

ミロは彫刻を木や石、合成樹脂などさまざまな材料を用いて制作をしていますが、なかでも圧倒的に多く扱ったのがブロンズです。バルセロナやパリをはじめとする複数の鋳造所にて「ロストワックス鋳造」という技法を用いて制作しました。ロストワックス鋳造は古くから東西を問わず用いられた鋳造方法です。

作品の仕上げ方は鋳造所によって全く異なり、ミロは制作にあたって鋳造所ごとの個性の違いを使い分けていました。本展覧会では、ミロのブロンズ彫刻が制作された鋳造所を特定し、ブロンズにほどこされた着色の再現を試みています。ミロ作品に用いられた3つの異なる着色方法を、試行錯誤のうえ再現することが叶いました。こちらは展示室1にてご紹介しておりますので必見です!

なお、明後日7月15日の海の日はICOM京都大会を記念しまして、ご来館の皆さまにポストカードを進呈いたします!どんなポストカードかは当日のお楽しみに!

皆さまのご来館お待ちしております。

(M)

タイサンボクとキキョウが開花しました

2019月7月6日
  • 季節の庭

梅雨空の日々が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。明日は七夕です。きれいな夜空が見られると良いですね。

さて、当館の庭園では夏もさまざまな花でにぎわいます。本日はタイサンボクと桔梗をご紹介いたします。

タイサンボクはレストハウス付近から庭園の入り口へ入ってすぐに位置する高木です。濃緑の葉が茂るなかに、もくもくと白い花が見えます。モクレン科のなかで最も開花時期の遅いタイサンボクですが、今年は木のてっぺんのあたりに花をつけました。

190706_taisanboku2.JPG

下から見上げているだけだとわかりにくいのですが、実は花径が20センチほどもあります。さらに大きいものだと50センチ~60センチにもなるとか。

手に届く位置に咲いていたら手水鉢に生けることもできたのですが、今年はかなり高いところに花をつけたので難しく...。来年に期待です!

190706_taisanboku.JPG

ズームして撮ってみると、虫が蜜を吸っているところでした。花の香りに誘われてやってきたようです。

地中館前の池のほとりには青紫のキキョウが開花しました。

アジサイやハンゲショウのそばですらっと姿を見せ、凛とした美しさが漂っています。

190706_kikyou.JPG

つぼみも膨らみ、色づき始めていますので、しばらく見ごろが続きそうです。

当館へお越しの際にはぜひ庭園も散策してみてくださいね。

皆さまのご来館をお待ちしております。

(M)

ジョアン・ミロ展 ミュージアムショップのご案内

2019月7月4日
  • 喫茶室&ショップ

「ジョアン・ミロの彫刻 ―夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション」展会期中のショップでは、ミロにまつわる商品を多数ご用意しております。

本日はその中から選りすぐりの商品をご紹介いたします!

まず1点目はピンバッジです。「Bird」「Girl」「Robot」「Blue Head」の4種類を販売しております。どれもミロらしいユニークなかたちのピンバッチです。

お洋服やカバンなどのワンポイントとしてミロの遊び心を添えてみるのはいかがでしょう。

190704_Miro_Pin4.JPG

さっそく「Bird」を当館のスタッフが襟元につけていました!

190630_miro_pin_bird.JPG

2点目はミロのカラーリングブックです。ミロの作品に好きな色で色づけしてみませんか?

190704_ColoringBook.JPG

190704_ColoringBook2.JPGお手本を参考に色塗りできますが、複雑で挑戦しがいのありそうなページもちらほら...

お友達どうし、塗ってみた作品を見比べるのも、個性があらわれて楽しそうです!

そのほか、グリーティングカードやメガネケース、CDケースなどここではご紹介しきれなかったものも大変魅力のあるものばかりです。

さらに、今展覧会にミロの故郷、スペイン産の無添加ビスケット「ポール&ピッパ」もおすすめです!

こちらは「トマトブラボー」「ライムアフタータイム」「ココアチップス」の3種類。

190704_Biscuits2.JPG

甘さ控えめで香りの良い「トマトブラボー」、夏らしく爽やかな酸味のある「ライムアフタータイム」、ティータイムに丁度良い甘さの「ココアチップス」。ご来館記念のお手土産に、スペインのお菓子を皆さまで召し上がってみてはいかがでしょう?

ちなみに、スタッフの間では、「ライムアフタータイム」が人気です!

パッケージのキャラクターもそれぞれ個性があって大変かわいらしいです!

こちらのビスケット、人気商品につき、再入荷いたしました!気になる方はなくなってしまう前に、お早めのお越しを!

当館へお越しの際は、ぜひミュージアムショップにもお立ち寄りくださいませ。

皆さまのご来館をお待ちしております。

(M)

梅雨どきの庭園

2019月7月2日
  • 季節の庭

夏至から数えて11日、本日7月2日は半夏生(はんげしょう)にあたります。

先日ブログでご紹介した庭園のハンゲショウもさらに白く染まり、輝きを増しています。

190702_hangesho.JPG

本日は梅雨の中で立派に咲く庭園の花々をご紹介いたします。

芝生広場から階段を下りた付近で、クチナシが見ごろを迎えました。当館では八重咲きのクチナシが見られます。

純白の花びらをつけ、甘い香りを漂わせています。

咲き始めは純白の花びらも、時間がたつとだんだん褐色を帯び、次第に落下していくようです。すでに落ちそうな花もちらほら。ご覧になりたい方はお早めのお越しを!

190702_kuchinashi.JPG

ところでクチナシといえば、将棋盤の脚はクチナシの実がかたどられているのをご存じでしょうか。これには「口出しは無用」との意味がこめられているのだそうです。

口出し→口無し→クチナシ ということなのですね。

そしてまた、露に濡れた睡蓮やアジサイはいっそう季節を感じさせます。

190702_suiren.JPG

雨の中でしっとりと咲く睡蓮も大変趣がありますね。

睡蓮は夕方には花を閉じてしまいます。睡蓮をカメラに収めたい方、午前からお昼にかけてのお早めのお越しをおすすめいたします。

そして、庭園のいたるところで、青、紫、ピンク、色とりどりのアジサイが今を盛りとばかりにもりもり咲いています!

190702_ajisai.JPG

天候の悪い日が続いております。庭園を歩かれる際は足もとに十分お気を付けください。

皆さまのご来館をお待ちしております。

(M)

子ども鑑賞会「ミロのかたち探検隊」参加者募集中!

2019月6月30日
  • イベント&ワークショップ

ただいま開催中の「ジョアン・ミロの彫刻 ―夏のアサヒビール大山崎山荘コレクション」展では、夏休みに小学生のための鑑賞会、「ミロのかたち探検隊」を企画しております。夏休みの思い出や、自由研究のおてつだいに、一緒にミロの芸術に触れてみませんか?

ただいま、参加者を絶賛募集中です!

当日は、美術館のスタッフとお話をしながら、ミロの彫刻をじっくり鑑賞するとともに、いろいろな「かたち」から作品の魅力に迫るプログラムとなっております。

子ども鑑賞会「ミロのかたち探検隊」

日程:2019年8月4日(日)

対象:小学生 [4-6年生(11時-12時)/1-3年生(14時-15時)]

会場:アサヒビール大山崎山荘美術館

参加費:無料

定員:各回10名、要申込(先着順)

申込方法:返信可能なFAXまたは往復はがきで

(1) 参加者・保護者氏名

(2) 参加者学年

(3) 住所

(4) 電話番号

(5) FAX番号

をご記入のうえ「子ども鑑賞会係」まで FAX:075-957-3126

※申込は1回につきお子様2名様まで

※往復はがきの場合は、7月29日(月)必着

※電話・メールによる受付はいたしません

※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします

小学4-6年生の部は残りあとわずかです!参加を検討中の方はお急ぎください!

皆さまのご応募お待ちしております。

(M)