アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

24日・25日 クリスマスコンサートを開催しました

2019月12月25日
  • イベント&ワークショップ

今年は暖冬のようで、クリスマスとは思えない心地よい晴れの日です。
昨日・本日と、クリスマスコンサートを開催いたしました。

アサヒビール初代社長・山本爲三郎は、ビール事業の発展のみならず、
民藝運動などの文化事業の支援にも注力すると共に、一般大衆へのクラシック音楽の普及にも努めておりました。そういった山本の思いを大切にする為にも、毎年この季節にコンサートを開催しております。

今年も京都市立芸術大学キャリアデザインセンター様のご協力を頂き、音楽学部の学生のかたに演奏していただきました。

昨日は、弦楽四重奏の演奏でした。
DSC05756-thumb-450xauto-63967[1].jpg
本館の雰囲気と、弦楽の調べが織りなす世界観。

加賀正太郎も楽団を呼んでダンスを楽しんだり...ということがあったそうです。山荘が建てられた当時にタイムスリップしたような感覚に。

本日はフルート四重奏。
透明感のある音の重なりは、ただ今開催中の清宮質文の作品とピッタリでした。
DSC05815-thumb-450xauto-63973[1].jpg
DSC05821-thumb-450xauto-63975[1].jpg
たくさんのご来場をありがとうございました。
また来年のクリスマスコンサートも、お楽しみに!

(IK)

東山魁夷のスケッチ展 3万人目のお客様をお迎えしました!

2019月12月2日
  • お知らせ
  • 休館情報
  • 展覧会

寒さがまし、とうとう冬がやってまいりました。
12月1日の東山魁夷展の最終日に向けて、紅葉は一気に進み、見ごろを迎えるなか、11月30日には、なんと3万人目のお客様をお迎えすることとなりました。
姉妹で神戸からお越しのお二人組のお客様です。

DSC05718-thumb-450xauto-63951[1].jpg
本館前でセレモニーをさせていただきました。
紅葉とともに、記念撮影。東山魁夷がお好きで展覧会を巡られておられるとのことで、当館の企画もお楽しみいただければ幸いです!

そして、「東山魁夷のスケッチ -欧州の古き町にて」 は、12月1日をもちまして終了いたしました。

ブログの更新がシステムの関係上で遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

12月2日から12月13日までは展示替えのため、休館となりますのでご注意ください。
次回企画展は12月14日から「清宮質文 -限りなく深い澄んだ空気」がスタートします。

皆様のご来館を心よりおまちしております。

(IK)

東山魁夷のスケッチ展 2万人目のお客様

2019月11月17日
  • 季節の庭
  • 展覧会

ただいま開催中の展覧会「東山魁夷のスケッチ ―欧州の古き町にて」は、
2万人目のお客様をお迎えしました。
たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございます。

記念すべき2万人目のお客様は、建築を学ばれている3人の学生さんでした。
京都から、安藤建築の見学にお越しいただいたそうです。
ありがとうございました!


DSC05652.JPG


東山魁夷のスケッチ展は12/1(日)までとなっており、残すところあと2週間となりました。

紅葉も美しく色づいてきて、見ごろをむかえつつあります。
皆様のご来館をお待ちしております。

(IK)

11月12日 紅葉状況のお知らせです

2019月11月12日
  • 季節の庭

朝からも、たくさんの紅葉状況へのお問い合わせをいただいております。
ありがとうございます。

更新が少しおくれてしまいましたが、本日の紅葉状況です。
まだまだ真っ赤ではありませんが、色づきは進んできています。
gaikan1.jpg
gaikan2.jpg


ただ今、ツワブキが見ごろです。
黄色くて可憐なお花が庭園内のあちらこちらで見かけられます。
tuwabuki2.jpg


(IK)

東山魁夷のスケッチ展 講演会

2019月11月2日
  • イベント&ワークショップ
  • 展覧会

本日は、ただいま開催中の展覧会「東山魁夷のスケッチ ―欧州の古き町にて」の関連イベントといたしまして、本展覧会の監修者でもある、茨城県近代美術館長の尾﨑正明氏にご講演をいただきました。

東山魁夷の欧州の旅を取り上げる本展覧会にちなみ、魁夷の旅の意味と旅を通じて生まれた作品についてお話をいただきました。
191102kouenkai-[1].jpg
魁夷の風景画が多くのファンを魅了する理由として、作品に一貫して感じられる、研ぎ澄まされた精神が挙げられます。

西洋では自然風景を見たままに描くのに対し、日本では山水画に代表されるような、写実よりも精神性を重んじる心象風景が培われてきました。魁夷は日本画の新たな表現を求めながらも、その心には日本の伝統的な趣向があったのだといいます。

また、魁夷の作品に人物がほとんど描かれない点について、人々の心のさまがこもった風景そのものが、肖像性を持ち合わせるのではないかとの示唆をいただきました。
191102_kouenkai-thumb-450xauto-63838[1].jpg
質疑応答の際には、スケッチの本制作と変わらぬ色づかいや完成度の高さが話題となり、旅先で手がけたにもかかわらず、丁寧に仕上げられている点にはお客様からも感嘆の声があがりました。

常に自然とのふれあいを求め、さまざまな地を旅しながら、人々の生きた証を描きとどめようとした魁夷の魅力がさらに深まる機会となりました。

展覧会は12月1日まで開催しております。

庭園の木々も色づきはじめていますので、紅葉の散策も兼ねて、芸術の秋のひとときをぜひ当館でお過ごしくださいね。

皆さまのご来館お待ちしております。

(M)