アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

ブログで大山崎山荘ツアー① 大山崎山荘の名前と美術館ができるまで

2020月5月12日
  • 建築

ブログで大山崎山荘ツアーの第1回目をご覧いただき、ありがとうございます。
今日は、大山崎山荘の名前と、美術館ができるまでのご紹介です。

美術館の正式名称は「アサヒビール大山崎山荘美術館」。
美術館の本館は100年ほど前に建てられた洋館です。
作ったのは、関西の実業家・加賀正太郎(18881954)です。
加賀は、証券業や林業、不動産業等を営み、ニッカウヰスキー創業時の出資者の一人でもありました。

詳しくは
アサヒビール大山崎山荘美術館ホームページ・歴史
も、ご覧ください。

山荘建築の際に加賀正太郎は、文豪・夏目漱石に名前を依頼した、という記録が残っています。
加賀に招かれ、漱石は友人たちと建設中の山荘を訪れました。
その際のことを漱石は俳句にしています。

宝寺の 隣に住んで 桜哉

美術館のトンネル門の手前には、この句を刻んだ石碑が建っています。

IMG_9680.JPG

その後、漱石からは名前候補の書いた手紙が届きました。
手紙には

「啓御山荘の名前を御約束しながら遅くなりて済みません考へんのではありませんが何にも頭に浮かんで来ないのです~中略~一応古い句などしらべてみましたが矢張り面白いと思ふほどのものも見当たりませんただ御約束ですから放つて置いたやうで申訳がないからそれを義務塞げに少々御目にかけます」

という文章の後、
水明荘、竹外荘、回観荘、空碧荘など、14個もの名前とその由来が書かれていました。
そして、「気に入らなければ遠慮は入りませんから落選になさい」と書き添えられていました。

漱石が山荘を訪れた時には、まだ本館は建築中でしたので、まだ見ぬ山荘に名前をつけることはなかなか難しかったのかもしれません。この文言を受けてなのか、加賀はどれも採用せず、自身で「大山崎山荘」と名付けました。

しかし、この話には後日談があり、加賀の死後、千代子夫人がその14個の中から「竹外荘」という名前を選び、門に掲げていたそうです。現在も、その門柱が残っています。

IMG_9685.JPG

加賀が亡くなり、千代子夫人も亡くなった後、山荘は所有者が幾度か変わり、平成に入ると、取り壊してマンションを建てるという計画が持ち上がります。

地元有志の方を中心に保存運動が展開され、京都府や大山崎町から要請を受けたアサヒビール株式会社が、行政と連携をとりつつ山荘を復元することになり、安藤忠雄氏設計の展示棟「地中の宝石箱」を加えて、1996年に美術館としてオープンしました。

2006年には「夢の箱」と呼ばれる新棟も作られ、現在では年4回の企画展もお楽しみいただけます。

本館外観メイン4.jpg

こうして、加賀正太郎が名付けた「大山崎山荘」は、「アサヒビール大山崎山荘美術館」として、現在に至ります。

美術館は今年で24歳。


まだまだ美術館としては若いですが、建物には約100年の歴史があり、本館や茶室など、6つの建物が国の登録有形文化財にも登録されています。
来週は、これらの大山崎山荘の建物をご紹介していきたいと思います。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

IK

「ブログで大山崎山荘ツアー」を始めます

2020月5月6日
  • 建築

5月になりました。
差し込む光も初夏の日差しに変化してきましたね。

外出自粛の今、ご自宅で美術館の雰囲気をお楽しみいただけるように、
このブログで美術館の建物をご紹介する、「ブログで大山崎山荘ツアー」を始めます。

アサヒビール大山崎山荘美術館の本館は、約100年前に建てられました。
敷地内には国の登録有形文化財に指定されている当時の建築物が点在しています。

こちらのブログで少しでも美術館の雰囲気をお楽しみいただき、美術館に来られたことのある方は、その時のことを思い出しながら、お読みいただければ幸いです。

第1回目は来週からスタートし、週1回程度で更新予定です。
休館状況の変化により、更新間隔が変わる場合もございますが、ご了承ください。
新人スタッフのつたない文章ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。

本館外観庭園より2.jpgIK

「シロヤマブキ」が咲きました

2020月4月28日
  • 季節の庭

コロナ禍で外に出られない日々が続いておりますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?

本日の庭園の様子をお届けします。
外出自粛の時期ですので、写真でお伝えすることしかできませんが、
ブログで少しでも和んでいただければ幸いです。

今週はヤマブキの花が見ごろを迎えています。
少し珍しい、シロヤマブキが咲いています。

IMG_9643.JPG白い蝶がとまっているような、儚げな美しさがありますね。

IMG_9637.JPG

流水門前では、ヤエヤマブキが満開です。

IMG_9628.JPG

鮮やかなヤマブキ色が眩しいほどです。

IMG_9630.JPG

このほか、桜の木は葉桜へと姿を変えつつあります。

4月9日にご紹介した淡黄色のギョイコウは、現在、淡桃色に変化しました。こんなに色が変わるなんて、驚きです。

IMG_9601.JPG

レストハウス前のシダレザクラも葉桜に変わってきました。

IMG_9645.JPG

季節は初夏へと移っていきます。
どうか皆さま、ご健康にお過ごしください。

(IK)

おうちで美術鑑賞はいかがですか?

2020月4月11日
  • その他

学校が休校になり、外出自粛の今、
自宅で時間を過ごされている方も多いことと存じます。
こんな時は、おうちで美術鑑賞など、いかがでしょうか?

現在、当館は休館中ですので、ご来館されて実際に作品を鑑賞していただくことはできませんが、ホームページには所蔵品を解説付きでご覧いただけるページがございます。


モネの《睡蓮》連作をはじめ、アサヒビール初代社長・山本爲三郎が篤く支援した民藝運動ゆかりの作品群などをご覧いただけます。
当館が所蔵する約1000点の作品から、選りすぐった約60点を紹介しています。

https://www.asahibeer-oyamazaki.com/collection/

画面上ではありますが、ゆっくりと作品をながめてみませんか?

私のおすすめ鑑賞法は、作者がなぜ、どうやってその作品を作ったのだろう?
と思いを巡らせてみることです。
筆跡や、手の跡をたどりながら見ていくと、思わぬ発見があったりもします。
あわせて作品が作られたころの時代背景を、ネットで調べてみるのもおすすめです。

この機会に、どうぞお試しください。

(IK)

「ギョイコウ」「ボタンサクラ」が咲き始めました

2020月4月9日
  • 休館情報
  • 季節の庭

関西では大阪・兵庫で緊急事態宣言が発令されました。
厳しい状況が続きますが、季節は緩やかに移ろいで行きます。

現在のアサヒビール大山崎山荘美術館の庭園の様子をお届けします。
外出自粛の時期ですので、今年は写真でのお花見を。
こちらのブログで少しでも和んでいただければ幸いです。

芝生広場のシダレザクラは散り、ソメイヨシノは花吹雪の時期を迎えました。

その後を追って、ギョイコウが開花しました。
ソメイヨシノよりも開花の時期が遅く、花は淡黄色で、散るころには色が変わってくるという珍しい桜です。

IMG_9912.JPG

これから見ごろを迎える、ボタンザクラも花が開きつつあります。
IMG_9950.JPG

レストハウス前のシダレザクラはただ今満開の時期です。
IMG_9933.JPG

地面に近い所では、シャガが色々な所で開花しています。
群生地帯はなんだか神聖な雰囲気も。

IMG_9928.JPG

ヤマブキも咲き誇っています。
IMG_9920.JPG

もう少しすると、珍しい白色のヤマブキも咲きそうです。そして今年は数年ぶりに地中館裏手のつつじにたくさんのつぼみがついていました。

大変な時期はまだしばらく続きそうですが、どうかご健康にお過ごしください。

(IK)