アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

クリスマスウィーク スペシャルコンサート1日目

2016月12月23日
  • お知らせ
  • イベント&ワークショップ
  • 展覧会

すっかり肌寒い季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今週はクリスマスウィークということで、

23日(金・祝)~25日(日)の3日間、

京都市立芸術大学の学生を中心とする若手演奏家たちによるスペシャルコンサートを開催しております!

本日はソプラノ&ヴァイオリンという珍しい組みあわせで、

クリスマスにちなんだ曲などを演奏していただきました!

コンサート風景.JPG館内には美しいソプラノの歌声とヴァイオリンの旋律が響きわたり、

多くのお客様が熱心に耳を傾けておられたのがとても印象的でした♪

明日は弦楽四重奏、明後日はオーボエ&ファゴット二重奏です。

ぜひ美術館で特別なクリスマスをお過ごしください!!

( I )

クリスマスウィーク オルゴールモーニング

2016月12月22日
  • イベント&ワークショップ

もうすぐクリスマスですね。

当館では、今週あたまから「クリスマスウィーク」が始まりました。

今日は、25日まで毎日、11時から20分間 開催される「オルゴールモーニング」をご紹介します!IMG_8795.JPG

通常は1時間に1曲だけ演奏されるアンティークオルゴールを、本イベントではたっぷり3曲・解説付きでお楽しみいただけます。

ディスクの交換実演もあり、オルゴールの内部をのぞき見ることができる貴重な機会です。

明日23日から25日まで3日間は、オルゴールモーニングはもちろん、10時半、12時半、14時半から約25分間「クリスマスウィーク スペシャルコンサート」と銘打った、京都市立芸術大学音楽学部のみなさんによるコンサートも行われます。

10時半にコンサートを聴いて、11時にオルゴールを、というはしごもおすすめですよ。

音楽三昧のクリスマスをどうぞ♪

(A)

岸真理子・モリア氏×中村好文氏 対談

2016月12月18日
  • イベント&ワークショップ
  • 展覧会

約1週間の展示替休館が明け、昨日、当館の開館20周年記念展の大トリを飾る「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」が無事に開幕しました!

開催初日には、クートラスの遺作管理人である岸真理子・モリア氏と、建築家の中村好文氏によるトークイベント「クートラス、思い出とその作品」が行われました。IMG_8744.JPG

生前のクートラスを知るお二人によるお話による貴重なお話を伺っていると、画家自身だけでなく、彼が生きていた時代の空気まで伝わってくるようでした。

初耳でしたが、クートラスは濱田庄司をはじめとする民藝運動の作家たちに大きな関心を寄せていたそうです。民藝運動といえば、当館の所蔵品の核のひとつです。なんとも不思議なご縁ですね。

さて、来週からはクリスマスウィークが始まります。ご予約不要で、アンティークオルゴール(ディスク交換実演付き)や室内楽を楽しめますよ。

ぜひこの機会にお越しください☆

(A)

12月12日(月)ー16日(金)は展示替休館

2016月12月11日
  • 休館情報
  • 展覧会

おかげさまで、「うつくしいくらし、あたらしい響き ―クロード・モネ」展は無事に終了いたしました。

たくさんの方々にお越しいただき、館員一同感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りて御礼申し上げます。

さて、明日12日から16日まで、当館は展示替のため休館いたします。庭園も入れませんのでご注意ください。

週末17日からはいよいよ、開館20周年記念展の大トリを飾る「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」展が始まります。

どうぞご期待ください!

(A)

12月3日のブログの答え

2016月12月10日
  • イベント&ワークショップ
  • 季節の庭
  • 展覧会

先日3日のブログで、下の写真に写っている建物はなんでしょう?という問題を出していましたが、ご存知の方はいらっしゃいましたか?IMG_8605.JPG答えは、「彩月庵」という、当館敷地内にあるお茶室でした。IMG_8650.JPG

通常は非公開ですが、年にほんの数回、予約制で公開することがあります。

じつは、まさに今、そのお申込みのチャンスなのです・・・・・・!

ただいま、次回展「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」のページの下の方でこっそり告知しているのですが、来年1~3月に「大山崎山荘+聴竹居 ―大山崎のモダンライフ探訪ツアー」が開催されます。

このイベントでは、1回20名様限定で、3時間(30分休憩込み)たっぷり大山崎山荘本館非公開のお茶室(彩月庵、橡の木茶屋)、ご近所の聴竹居(知る人ぞ知る近代建築の傑作!)を解説つきで回ります。

すでに3月の枠は定員に達しつつありますが、早い枠は意外と穴場です。ただ、明日「うつくしいくらし、あたらしい響き ―クロード・モネ」展が終了して、次回展の情報がHPのトップに上がれば、あっという間に埋まってしまうことが予想されます。ぜひ今のうちにお申し込みください!

詳細はこちら 

→ http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/31888/#planning

<おまけ>本日の紅葉IMG_8652.JPGIMG_8653.JPGカエデがいまだに鮮やかな赤を保っていることに、よく驚かれます。IMG_8641.JPG

私のおすすめは、本館と地中館の間にあるドウダンツツジです。

色の美しさでは山荘一ではないかと個人的に思っています。

来週月曜日(12日)から金曜日(16日)まで当館は展示替えのため休館してしまいますので、おそらくこれが見納めでしょう。

こちらも、今がチャンスですよ!

(A)