アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

銅駝美術工芸高校インターンシップ

2016月8月5日
  • その他

8月3日から今日までの3日間、京都市立銅駝美術工芸高等学校のみなさんがインターンシップで来られていました。

接客、監視、掃除、発送作業、絵はがきの袋詰めから作品の清掃まで、みっちり働いてくれました!

本日の成果をご覧ください。

IMG_7640.JPG

BEFORE

IMG_7644.JPG

丁寧に汚れを取り除いて・・・

(ヒツジのラブリーなおしりにご注目☆)

IMG_7649.JPG

AFTER!驚きの白さです。

大人顔負けの活躍で、頼もしいかぎりでした◎

美術館にはたくさんの人が関わっていて、見えないところにたくさんの努力があることがよくわかったのではないでしょうか。

将来の活躍に期待しています♪

(A)

夏休みは子ども・家族向けイベントがめじろ押し!

2016月7月31日
  • イベント&ワークショップ

毎年夏休みの時期は、全国の美術館・博物館でお子様やご家族向け企画がよりどりみどり、出そろいます。

例にもれず、当館でも本日小学生向けギャラリーツアー「たてもの探検隊」を開催しました。

このイベントでは、ふだん聞くことのできない大山崎山荘のヒミツを、部屋を巡りながら解き明かしていきました。

部屋に隠れた珍獣、色が変わるステンドグラス、ひとりにしか見えないのにふたりいる女の人、???年間動き続けている時計など、見どころ満載でしたよ◎

今日は1-3年生対象でしたが、8月11日(木・祝)には、4-6年生向けに開催されます

ほんの少しだけ空き枠がありますので、興味を持ってくださった方はぜひ☆

詳細はこちら(リンクがつながらない場合は、当館HPの「展覧会・イベント」ページをご覧ください)↓

http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/31886/

イベントはそれだけではありません!

来週末6日(土)、7日(日)には、「夏休み企画 家族で楽しむクラシック音楽」が開催されます。

10:30-、12:30-、14:30-の1日3回、しかも予約不要、参加費無料!!(入館料は別途必要)

7日(日)10:30の回は、いつもとちょっと違うものになるかもしれません。お楽しみに♪

(A)

きまぐれな睡蓮と夏の庭園

2016月7月22日
  • 季節の庭

以前書いたように、睡蓮は夏の間中、咲いたり休んだりを繰り返します。

ですので、夏に来ても池を見てがっかりすることがあるかもしれません。

が!

当館にある睡蓮池はひとつではありません。

ただいま、地中館前の池の睡蓮はちゃんと咲いています。IMG_7548.JPG

見えにくいのでアップで・・・。IMG_7538.JPG

しかも、今ならここ大山崎山荘では珍しい、黄色い睡蓮もどこかに咲いています。

※ 遠すぎて撮影できませんでした。ぜひご来館のうえ探してみてくださいね。

IMG_7539.JPG池のほとりには桔梗が咲いています。

IMG_7542.JPG

庭園を散策して、涼しく美術鑑賞をたのしみ、その後はお茶でもいかがでしょうか。

優雅な真夏のひとときになること間違いなしです。

(A)

海の日(月・祝)は開館しています!

2016月7月18日
  • 休館情報

通常美術館は月曜休館ですが、祝日は開館して翌平日が振替休館となります。

ですので、海の日は開館しています!!

19日(火)はお休みですのでお気を付けくださいね。

(A)

未来も新しくまた過去も新しい展 講演会

2016月6月29日
  • イベント&ワークショップ
  • 展覧会

先日告知した「未来も新しくまた過去も新しい」展の講演会が、おかげさまで3つとも無事終了いたしました。

講師の方々三者三様、異なる切り口からのお話は大変興味深く、驚きと発見の連続でした。

IMG_7051.JPGまずは、東京大学名誉教授・印刷博物館館長の樺山紘一氏による「幻の陶磁をもとめて ―近世ヨーロッパの苦闘」です。

IMG_7034.JPG私たちが普段なにげなく見ているヨーロッパの陶磁器には、大変な血と汗と涙(?)の物語が隠されているのですね。みなさま展示作品を見る目が変わったのではないでしょうか。

IMG_7185.JPG講演会第二弾は、デザイナー・日本デザインセンター代表・武蔵野大学教授の原研哉氏による「未来資源としての美意識」でした。

IMG_7191.JPG日本独自の美意識が未来への可能性をひらく、ということを図解や具体例を交えてわかりやすくお話しいただきました。余談ですが、さすがセンスあふれるスライドに眼が釘付けでした・・・。

IMG_7226.JPG最後は、東洋美術史学者の田辺勝美氏による「西アジアの酒宴美術史」です。

IMG_7223.JPG

当館にかかわりの深い「ビール」「ワイン」、それから「酒宴」を美術史学的な観点から論じるという、とてもユニークな内容でした。写真奥に見える、パルミラ遺跡(シリア)の彫像についての秘話も知ることができましたよ!

今年は20周年ということで、幸運にも本当に豪華な講師のみなさまにご講演いただくことができました。

イベントはまだまだ続きます。8月6日(土)、7日(日)の10:30~、12:30~、14:30~には、「夏休み企画 家族で楽しむクラシック音楽」が開催されます。予約不要ですので、ぜひこの機会にお越しください。

(A)