アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

濱田庄司展のご紹介

2018月3月21日
  • 展覧会

花冷えをものともせず、当館のお庭のシダレザクラは日ごとに開いて春の訪れを知らせてくれています。

さて本日は、現在開催中の企画展「没後40年 濱田庄司展ー山本爲三郎コレクションより」について「夢の箱」(山手館)に展示中の作品をご紹介させていただきます。

IMG_2428.JPG本展示室では、飾り鉢のような大型の作品から小さな箸置きにいたるまで
濱田の多様性にとんだ作品群を展示しております。

作陶する土地固有の素材にこだわった濱田は、各地で身につけた豊富な知識と技法を背景に終生作陶の地として選んだ栃木県益子の土と釉薬を駆使して、
柔らかく洗練された作品を生み出しました。

IMG_2425 - コピー.JPG益子の伝統釉である柿釉や、ドイツの古釉に由来する塩釉などの多様性にとんだ作品群からは、これらを日常の中で愛玩しコレクションした山本の
濱田の制作に対する深い理解がうかがい知ることができます。

今週の土曜日(24日)は、14:00~よりギャラリートークを行います。
国内外で活躍した濱田の作品と、その活動を支えた山本の存在について
本展覧会の見どころをより詳しく解説いたしますので、この機会にぜひご来館ください!

*なお、ギャラリートークは無料ですが、入館料が別途必要です。

( U )

3 / 18 しだれ桜開花宣言!!

2018月3月18日
  • 季節の庭

芝生広場にあります、しだれ桜が開花しました!

DSC01407.JPG下の部分はまだ蕾が多いですが、上の太陽がよくあたる箇所は何輪も咲いています。
開花状況としては、1~2分咲きといったところでしょうか・・・

DSC01409.JPG

この調子ですと、例年通り3月末には見頃になりそうです!

今後も随時、桜の開花状況をアップしていきますので、お楽しみに☆ (Y)

アンズウメが見頃です。

2018月3月17日
  • 季節の庭

美術館のお庭にも春がやってきまして、いろいろなところでお花が咲き始めています。

DSC01382.JPGDSC01381.JPG

サクラの花にそっくりで、薄桃色の花弁がかわいらしいです。
いままさに満開です。

ほかにも、

DSC01377.JPGDSC01378.JPG

ピンクと白のジンチョウゲが咲いていました。
ジンチョウゲは、枝の先に20ほどの小さな花が手毬状に固まってつくのですが、香りがとても強く、近くを通ると良い香りが辺りに広がっています。

アンズウメは芝生広場のウサギさんの後ろあたり、ジンチョウゲも同じところで咲いています。
最近はポカポカ陽気な日が続いていますので、春のお花を探しにお庭を散策されるのもいいのではないでしょうか。(Y)

※庭園は、無料で解放しております。

[ 3 / 16 ] テレビ放映のお知らせ 

2018月3月10日
  • お知らせ

3月16日(金)の夜7時より、BS日テレで放送される「ぶらぶら美術・博物館」という番組で当館が紹介されます。

広報用写真.jpg

建築のこと、現在開催しております濱田庄司展のことなど盛りだくさんの内容となっています。

今回は京都2時間スペシャルということで、当館のほかに、石清水八幡宮さん、聴竹居さんなども紹介されます!

この機会をお見逃しなく☆ (Y)

土井善晴氏(料理研究家) 講演会

2018月3月3日
  • イベント&ワークショップ

まばゆいほどの日差しに、春の訪れが感じられるようになりました。

ひな祭りの本日は、昨年12月16日より開催しております
「没後40年 濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより」の関連イベントとしまして
料理研究家の土井善晴氏に2回目のご講演をいただきました。

DSC00996.JPG

濱田庄司とその周辺、民藝運動にかかわった人物を足がかりに
日本の食文化だけでなく哲学的な内容まで
多岐にわたるお話をいただき、充実した時間となりました。

濱田の手をかけすぎない、簡便で容易な加飾によるうつわは
土井先生のご提唱される自然体であたたかい家庭料理に通じるように思われます。

そして講演会後の参加者からのご質問に、本日一番の笑顔をいただきました!
参加者の皆様と、講演会を通して非常に密な時間をお過ごしいただけたようです。

DSC01047.JPG

ご好評をいただいております、「没後40年 濱田庄司展 -山本爲三郎コレクションより」は4月8日(日)まで開催しております。
皆様のご来館をお待ちしております♪

( U )