アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

11月4日 本日の紅葉

2018月11月4日
  • 季節の庭

朝夕の冷え込みも本格化してきましたね。冬がもうすぐそこまでやってきているようです。

とはいえ日中は秋晴れで過ごしやすく、お散歩にはぴったりの日和。

秋の深まりとともに、当館のお庭の木々も少しずつ色づいてきました。

DSC02663.JPGのサムネイル画像

こちらは2階喫茶室のテラスからの景色。青空に紅葉の赤色が映えてとても綺麗です。

手前に見える木は一番乗りで真っ赤に色づいて、テラスからの景観に色を添えています。

一方、三川(木津川・宇治川・桂川)の方角を見てみると...

DSC02665.JPGのサムネイル画像

こちらはまだ緑色が残り、橙から赤へと移ろうグラデーションを楽しめます。

開放的なテラスからは、広がる秋空の高さを感じることができますよ。

夕方から朝にかけての寒さは堪えますが、気温が下がらないと紅葉は色づかないそう。

ぜひ当館のお庭へ、素敵な秋の日を過ごしにいらしてください。

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展の会期も残すところ約1ヶ月となりました。

皆様のご来館をお待ちしております。

(K)

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展 1万人目のお客様

2018月10月28日
  • 展覧会

ご好評いただいております「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展は、おかげさまで1万人を達成いたしました。

1万人目のお客様は、宝塚市からお越しの方でした!

おふたりはご友人同士で、ご来館は今日が初めてとのこと。本展の着物を見るのを楽しみにお越しくださいました。

着物をテーマとする本展にはお着物のお客様も多いのですが、おふたりも素敵な着物姿でご来館くださいました!

恒例の、事務長と正面玄関の前で記念撮影☆

DSC02634.JPGのサムネイル画像

また、おふたりからは、少しずつ色づいてきた庭園の紅葉をお褒めいただきました。そろそろ紅葉のシーズンも本番です。

本日は美術館までの坂道を歩いて来られたとのこと。お着物で坂を登るのは大変だったかと思いますが、それでも笑顔でお応えくださいました!ありがとうございます。

当館ご見学の後は、駅前でランチをされるご予定だとお聞きしました。お天気にも恵まれた秋の一日、お楽しみいただけていましたら幸いです。

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展は、12月2日(日)まで。

ご来館をお待ちしております!

(K)


「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展 オリジナルスイーツのご紹介

2018月10月21日
  • 喫茶室&ショップ
  • 展覧会

本日は「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展会期中に、

当館の喫茶室限定でお楽しみいただけるオリジナルスイーツをご紹介します。

本展は、文豪・谷崎潤一郎の作品に登場する華やかなヒロインたちのよそおいの数々を、アンティーク着物で再現するものです。

また、地中館では当館コレクションである印象派の画家クロード・モネの作品《睡蓮》もご覧いただけます。

オリジナルスイーツは、リーガロイヤルホテル京都さん考案のもので、企画展とコレクションそれぞれにちなんだ2種類をご用意しております。

<「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展 特製モカロール>

IMG_2659.jpgのサムネイル画像

谷崎潤一郎が愛したというモカロール。

ふんわり、しっとりしたコーヒー風味のスポンジ生地にすこしビターなバタークリームを塗った、大人向けのロールケーキです。

<モネの庭 紫芋×ラムレーズン>

IMG_2636.jpgのサムネイル画像

クロード・モネは、ジヴェルニーの邸宅の庭に日本風太鼓橋がかかる池をつくり、これをこよなく愛しました。鮮やかな紫色は、池に浮かんだ睡蓮の花に着想を得ています。

当館にお越しの際は、ぜひ喫茶室にもお立ち寄りいただき、谷崎潤一郎とクロード・モネの世界を感じられるティータイムをお楽しみください。

※数量限定のため、売り切れの場合もございますがご了承ください。

(K)

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」スペシャルギャラリートーク

2018月10月14日
  • イベント&ワークショップ

朝夕はめっきり涼しくなり、秋の深まりを感じる季節となりました。

本日は「谷崎潤一郎文学の着物を見る」の関連イベントとしまして、本展出品作品の監修をされた大野らふ氏にスペシャルギャラリートークをしていただきました。

谷崎潤一郎作品のヒロインたち、またモデルとなった谷崎夫人らのよそおいを再現した展示を前にしながら、お話いただきました。

DSC02612 2nd.JPGのサムネイル画像

谷崎自身が物語の中で登場人物たちの着物の好みについて細かく綴っていることに触れられ、これをヒントに今回展示されている着物を揃えたものもあるとのこと。また、小説の端々に表れるヒロインたちの個性から、「この人だったらこのように着こなすだろう」と、想像力も働かせたということです。

大野氏が谷崎文学にとても親しんでおられることが伝わってくるギャラリートークでした。

DSC02631.JPGのサムネイル画像

会場には着物姿のお客様も多く、とても華やかなひとときとなりました。

ご好評をいただいております「谷崎潤一郎文学の着物を見る」は12月2日(日)まで開催しております。

また、本展覧会では山手館の一部を展示替えいたします。

10月16日(火)以降は、新春のよそおいとなった「細雪」幸子、雪子、妙子の着こなしをお楽しみください。

皆様のご来館をお待ちしております。

(K)

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展のご紹介その1

2018月10月8日
  • 展覧会

本日は大変ご好評をいただいております、「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展から、「細雪」に関する展示についてご紹介をいたします。

「細雪」といえば、映画やテレビドラマにもなった谷崎潤一郎の代表作です。谷崎は、自分の妻である松子、そして松子の娘や妹たちといった、自分の身の周りの女性をモデルに本作品を執筆しました。なかでも「細雪」に登場する女性たちが、華やかな着物に身を包み京都へ花見に出かけるシーンはとても印象的です。

本展の展示室1では、谷崎夫人らが花見の際に着ていた着物を、実際の写真をもとにアンティーク着物で再現しています。

taqnizaki.jpg

このコーディネートは彼女たち自身がえらんだのでしょうか。写真と着物を照らし合わせてみると、それぞれ自分に似合うデザインをよく分かっていたようにも思えます。

お花見に行ってこれほど華やかな4人組がいたら、思わず見とれてしまいそうですね。

4人の個性あふれる着こなしをお楽しみください。

山手館では、「細雪」のほかにも「痴人の愛」、「台所太平記」、「秘密」など多数の谷崎作品に関連した着物の展示もございます。また、10月16日(火)以降は一部作品の展示替えがあり、10月14日(日)までしか鑑賞できない作品もありますので、どうぞお見逃しなく。

(K)