アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

バーナード・リーチ展閉幕

2019月6月11日
  • 休館情報
  • 展覧会

「没後40年 バーナード・リーチ展 ―山本爲三郎コレクションより」は6月9日をもって閉幕いたしました。

当展覧会を通してバーナード・リーチのファンになったとの声も数多く寄せられており、バーナード・リーチの魅力をご紹介できたように思います。

6月10日~6月21日までは展示替えによる休館日となっております。庭園もご利用いただけませんのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、6月22日より企画展「ジョアン・ミロの彫刻 ―夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション」を開催いたします。20世紀を代表する作家である、ジョアン・ミロが手がけた当館所蔵の彫刻作品14点を一挙に公開するとともに、絵画作品も加えてご紹介しますのでお楽しみに!

(M)

アジサイの季節です

2019月6月5日
  • 季節の庭

蒸し暑さも日ごとに増し、まもなく梅雨入りを迎えるころとなりました。

当館庭園では、アジサイが色づきはじめています。

色鮮やかにふんわりと花をつける姿は、これから続く雨の日でも露を味方にいっそう輝くように思えます。

アジサイは庭園内のあらゆるところで咲いています。咲く場所によって少しずつ色みが変わるのも、アジサイならではの魅力ですね。今朝は白、青、うす紫の色の花が見られました。皆さまも色とりどりのアジサイを探しに、ぜひ庭園内を散策してみてください。

190605_ajisai.JPG地中館前の池ではアジサイと睡蓮の両方をカメラに収めることができますよ!当館の庭園ならではの素敵なお写真を撮ってみてはいかがでしょう。撮影の際、足元にはくれぐれもお気を付けくださいね。190605_suiren.JPG

睡蓮も見ごろが続いております。

現在開催中の「没後40年 バーナード・リーチ展 ―山本爲三郎コレクションより」は6月9日に幕を閉じます。6月10日(月)より6月21日(金)まで次回展準備のための休館日となり、この期間は庭園にもお入りいただけません。咲きそろう睡蓮と色づくアジサイを目にできるのも今がまさにチャンスです!

今週末6月8日(土)14時からは、当館学芸員によるリーチ展最後のギャラリートークを開催いたします。リーチについてより理解を深めたい方、展覧会をさらに詳しくご覧になりたい方は、ぜひこの機会にお越しくださいませ。

皆さまのご来館をお待ちしております。

(M)

大山崎小学校美術館見学

2019月6月3日
  • イベント&ワークショップ

今日は、地元の大山崎小学校の六年生が見学に来てくれました!

先日、大山崎町内の小学校に出向いて授業を行い、モネや絵の具を混ぜない筆触分割という技法などを学んでもらいました。

そして、今日は実際に美術館で展示中の作品や建物を鑑賞しました。授業で学んだことを、本物の作品を鑑賞しながら確認し、好きな作品も選んでもらいます。

DSC04086.JPGDSC04073.JPG

絵画鑑賞以外にも

展示室に隠されたモチーフを探したり、

DSC04075.JPG

オルゴールを聴いたり、

DSC04091.JPG

楽しんでもらえたようでした。

少しでも美術を身近に感じてもらえたら嬉しいです。

また是非遊びに来て下さいね。(A)

「没後40年 バーナード・リーチ展 ―山本爲三郎コレクションより」2万人目のお客様

2019月6月2日
  • 展覧会

「没後40年 バーナード・リーチ展 ―山本爲三郎コレクションより」は、2万人目のお客様をお迎えしました。

2万人目のお客様は、大分からお越しのお二人です。

DSC04068-4.JPG

お二人は職場のお友達とのことで、今朝は一番に、当館を目指して来ていただいたそうです。

ありがとうございます。

楽しい京都旅行になりますように!!

(G)

バーナード・リーチ展 ご紹介その5

2019月5月29日
  • 展覧会

本日は、大変ご好評をいただいております、「没後40年 バーナード・リーチ展‐山本爲三郎コレクションより」から、本館2階の常設展示についてご紹介いたします。

本館2階の展示室3,4では、リーチと親交を結び、民藝運動を展開した作家たちの作品が並ぶ、常設展をご覧いただけます。

なかでも注目していただきたい作品は富本憲吉の《鴛鴦(おしどり)》です。陶画の下絵として描かれたものが掛ものに仕立てられ、リーチに贈られたものです。リーチは英国の自室の壁にこれを掛けていました。軸装にはリーチの制作した陶軸が用いられています。

Leach_tomimoto.JPG

富本はリーチが陶芸の道へと進むきっかけとなった人物でもあります。この贈り物からリーチと富本が生涯共にあったことが窺い知れますね。

生き生きとした筆づかいで描かれた鴛鴦には、その画才で様々に陶磁を飾った富本の画力が発揮されています。

富本の《鴛鴦》から振り返ると、そこには1枚の絵葉書が。

こちらはリーチをはじめ柳宗悦、河井寬次郎、濱田庄司から山本爲三郎息女に宛てて書かれたものです。民藝運動を牽引した面々が、益子にて顔を合わせていた際、そろって旅行に出かけたのでしょう。裏面には鬼怒川の写真がのっています。

裏面のサインからはそれぞれの個性が見て取れ、彼らの親交の深さが表れる一枚です。

なお、本館2階喫茶室やテラスにも当企画展にまつわる作品を展示しておりますので、館内すみずみまでごゆっくりとお楽しみください!

企画展「没後40年 バーナード・リーチ展‐山本爲三郎コレクションより」も残すところあと11日となりました。

皆さまお誘いあわせの上、ご来館くださいませ。

(M)