アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

「櫛・かんざしとおしゃれ展」講演会

2019月1月19日
  • イベント&ワークショップ

大寒を迎え、冷え込みがひときわ厳しくなって参りました。

本日は、現在開催しております「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」の関連イベントといたしまして、ポーラ文化研究所シニア研究員の村田孝子氏に「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」と題したご講演をいただきました。

DSC03136.JPGのサムネイル画像

本講演では、浮世絵に描かれた女性の姿を中心に、江戸時代のおしゃれについてお話をいただきました。

江戸時代のファッションリーダーは「遊女」であり、彼女らの髪型を一般女性がこぞって真似をしたということです。

遊女の中でも、江戸の遊女は沢山のかんざしを放射状に刺し、関西の遊女は地面と平行になるようにさす傾向があるそうです。浮世絵のように12~16本ものかんざしをさすと、その重さは6kgにもなるとのこと。「おしゃれは我慢」とは言いますが、遊女の美しさの裏には相当な忍耐があったのでしょう。

また、江戸時代の女性が欲しがった3つのアイテム「一櫛二帯三小袖」の「櫛」とは鼈甲(べっこう)櫛のことだそう。本展にも多く展示されている鼈甲(べっこう)櫛は高級品であり、女性たちのあこがれだったことが分かります。

質疑応答の時間には多くのお客様から質問が挙がり、櫛・かんざしへのときめきに溢れたひとときとなりました。
DSC03121.JPG

ご好評をいただいております「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」は2月24日(日)まで開催しております。

皆様のご来館をお待ちしております!

(K)

「櫛・かんざしとおしゃれ展」ご紹介 その2

2019月1月14日
  • 展覧会

本日は大変ご好評をいただいております、「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」から、浮世絵作品についてのご紹介をいたします。

櫛・かんざしを身に着ける女性を描いた浮世絵を通して当時のおしゃれの様相をご覧いただけるのも、本展の見どころとなっております。

本展の浮世絵作品の大部分を占める《当勢三十二想》は、一鶯斎国周いちおうさいくにちかによる美人画の連作です。

前期展示期間(12/15から1/27)にあたる現在は、この内「風がほし想」「帰しとも無さ想」など15点を展示しています。

《当勢三十二想 風がほし想》に描かれた女性は、着物の袖をまくり、襟元を緩め、その肌をあらわにしています。扇を手にして涼を求める姿はまさに「風が欲しそう」。

彼女の美しい黒髪に、赤い飾りの玉かんざしが映えています。

DSC02961.JPGのサムネイル画像

江戸時代の女性たちは、服装や装飾品の制約の中、アクセサリーである櫛・かんざしに個性を求めました。おしゃれを通して自己を表現しようとする気持ちは、現代の私たちにも通ずるものがあるのではないでしょうか。

《当勢三十二想 風がほし想》を含む前期展示33点の浮世絵は1月27日(日)までの展示となっております。

(1月29日以降も浮世絵の展示はございます。後期展示の内容となります)

皆さまのご来館をお待ちしております。

(K)


「櫛・かんざしとおしゃれ展」ご紹介 その1

2019月1月6日
  • 展覧会

あけましておめでとうございます。

旧年中は当館の活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

本日は大変ご好評をいただいております、「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」から「新春」の櫛・かんざしについてご紹介いたします。

展示室1の大きな展示ケースでは、かるたの札が描かれた《歌留多かるた文様蒔絵鼈甲櫛》、伊勢海老を大胆に配した《正月飾り金銀びらびら簪》など、新春らしい華やかな櫛・かんざしを紹介しています。

DSC02935.JPGのサムネイル画像

松竹梅や鶴などの吉祥文様は、おめでたい絵柄として新春に似つかわしいものでした。吉祥文様の中でも、初夢に出てくると縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」は新春を代表する意匠と言えるでしょう。

《一富士二鷹三なすび図金属櫛・笄》には堂々たる富士山を背景に2羽の鷹が羽ばたき、うねる茎の先には茄子の実が見えます。茄子を櫛の模様にするのは私たちの感覚では少し不思議に思いますが、女性が日ごろ身に着けるアクセサリーである櫛に、人々が愛した絵柄を描くのは、自然なことだったのかもしれません。

素敵な今年の始まりに、雅やかな櫛・かんざし、華やかな浮世絵をご覧になってはいかがでしょうか。みなさまのご来館をお待ちしております。

(K)


クリスマスウィークスペシャルコンサート3日目

2018月12月24日
  • イベント&ワークショップ
  • 休館情報
  • 展覧会

22日(土)~24日(月・祝)の3日間、京都市立芸術大学の学生の皆様にお越しいただき

クリスマスウィークスペシャルコンサートを開催いたしました。

1DSC02921.JPG

最終日となる本日は、弦楽四重奏が行われました。

クリスマスイヴということで、譜面台には今日のためにご用意くださったオーナメントが!とっても可愛らしいですね。

ヴァイオリンの高らかで優美な響き、ヴィオラの優しく穏やかな音色、そしてチェロのあたたかな低音が重なり合い、豊かな表現にご来館のみなさまも引き込まれたのではないでしょうか。

DSC02932.JPGのサムネイル画像

3日間にわたるクリスマスウィークスペシャルコンサートも本日で終了となります。

連日多くのお客様にご参加いただきまして、ありがとうございました。

来年も各種イベントを企画しておりますので、お楽しみに!

さて、本年も残すところわずかとなりました。

当館は明日25日(火)から2019年1月3日(木)まで、年末・年始休館となります。

来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

また、ご好評をいただいております「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」は明年2月24日(日)まで開催いたします。

本展の見どころは当ブログでも随時お伝えしていきますので、ぜひお誘いあわせの上ご来館ください!

それでは皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

(K)

クリスマスウィークスペシャルコンサート2日目

2018月12月23日
  • イベント&ワークショップ

22日(土)~24日(月・祝)の3日間、京都市立芸術大学の学生の皆様にお越しいただき、クリスマスウィークスペシャルコンサートを開催しております。

2日目の本日は、フルート三重奏です。

「仮面舞踏会のワルツ」は当館の雰囲気に合わせて選んでくださったとのこと。

「きよしこの夜」、「もろびとこぞりて」など4曲からなるクリスマスメドレーは、ご観覧のお客様もどこかで聴いたことのある曲だったのではないでしょうか。

甘やかでありながら凛とした音色に、館内が優しく包まれました。

DSC02908.JPGのサムネイル画像

コンサートは1日に2回、11時30分~、14時30分~(各回25分程度)行っております。

最終日となる明日の楽器編成は、弦楽四重奏です。

そして、今年の開館日は明日までとなっております!今年の冬の思い出に、ぜひご来館の上、当館で雅やかな時間をお過ごしください。

(K)