アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

「展覧会」を表示

東山魁夷のスケッチ展 3万人目のお客様をお迎えしました!

2019月12月2日
  • お知らせ
  • 休館情報
  • 展覧会

寒さがまし、とうとう冬がやってまいりました。

紅葉も一気に進み、先週・今週は見ごろを迎え、錦の庭園がお客様をお迎えしています。

今朝は、なんと3万人目のお客様をお迎えすることとなりました。

姉妹で神戸からお越しのお二人組のお客様です。

DSC05718.JPG

本館前でセレモニーをさせていただきました。

紅葉とともに、記念撮影。東山魁夷がお好きで展覧会を巡られておられるとのことで、

当館の企画もお楽しみいただければ幸いです!

そして、「東山魁夷のスケッチ -欧州の古き町にて」 は、12月1日をもちまして終了いたしました。

ブログの更新がシステムの関係上で遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

12月2日から12月13日までは展示替えのため、休館となりますのでご注意ください。

次回企画展は12月14日から「清宮質文 -限りなく深い澄んだ空気」がスタートします。

皆様のご来館を心よりおまちしております。

(IK)

東山魁夷のスケッチ展 2万人目のお客様

2019月11月17日
  • 季節の庭
  • 展覧会

ただいま開催中の展覧会「東山魁夷のスケッチ ―欧州の古き町にて」は、

2万人目のお客様をお迎えしました。

たくさんのお客様にご来館いただき、ありがとうございます。

記念すべき2万人目のお客様は、建築を学ばれている3人の学生さんでした。

京都から、安藤建築の見学にお越しいただいたそうです。

ありがとうございました!

DSC05652.JPG

東山魁夷のスケッチ展は12/1(日)までとなっており、残すところあと2週間となりました。

紅葉も美しく色づいてきて、見ごろをむかえつつあります。

皆様のご来館をお待ちしております。

(IK)

東山魁夷のスケッチ展 講演会

2019月11月2日
  • イベント&ワークショップ
  • 展覧会

本日は、ただいま開催中の展覧会「東山魁夷のスケッチ ―欧州の古き町にて」の関連イベントといたしまして、本展覧会の監修者でもある、茨城県近代美術館長の尾﨑正明氏にご講演をいただきました。

東山魁夷の欧州の旅を取り上げる本展覧会にちなみ、魁夷の旅の意味と旅を通じて生まれた作品についてお話をいただきました。191102kouenkai.JPG

魁夷の風景画が多くのファンを魅了する理由として、作品に一貫して感じられる、研ぎ澄まされた精神が挙げられます。

西洋では自然風景を見たままに描くのに対し、日本では山水画に代表されるような、写実よりも精神性を重んじる心象風景が培われてきました。魁夷は日本画の新たな表現を求めながらも、その心には日本の伝統的な趣向があったのだといいます。

また、魁夷の作品に人物がほとんど描かれない点について、人々の心のさまがこもった風景そのものが、肖像性を持ち合わせるのではないかとの示唆をいただきました。

191102_kouenkai.JPG

質疑応答の際には、スケッチの本制作と変わらぬ色づかいや完成度の高さが話題となり、旅先で手がけたにもかかわらず、丁寧に仕上げられている点にはお客様からも感嘆の声があがりました。

常に自然とのふれあいを求め、さまざまな地を旅しながら、人々の生きた証を描きとどめようとした魁夷の魅力がさらに深まる機会となりました。

展覧会は12月1日まで開催しております。

庭園の木々も色づきはじめていますので、紅葉の散策も兼ねて、芸術の秋のひとときをぜひ当館でお過ごしくださいね。

皆さまのご来館お待ちしております。

(M)

東山魁夷のスケッチ展 1万人目のお客様

2019月10月20日
  • 季節の庭
  • 展覧会

ただいま開催中の展覧会「東山魁夷のスケッチ ―欧州の古き町にて」は1万人目のお客様をお迎えしました。

記念すべき1万人目のお客様は、関西へ旅行でお越しの女性お二人です。

お二人は大学時代のお友達で、当館の建築と東山魁夷展にご興味を持ってくださり、朝一番にお越しいただいたとのこと。うれしい限りです!当館ならではの空間と、展覧会をお楽しみいただければ幸いです。ceremony.JPG

芝生広場で記念写真をパシャリ。楽しい旅行となりますように!

庭園の木々も少しずつ色づき始めています。

芝生広場からは紅葉に包まれる山荘を望むことができます。これから本番を迎える紅葉をどうぞお楽しみに!

(M)

東山魁夷のスケッチ展 ご紹介その3 & 展示替のお知らせ

2019月10月17日
  • お知らせ
  • 展覧会

「東山魁夷のスケッチ ―欧州の古き町にて」はおかげさまで大変ご好評をいただいております。

本日は展覧会のご紹介第3弾です!

先日の第2弾では北欧の旅をご紹介いたしました。それから7年後の1969年、東山魁夷は京都を主題にした連作や、新宮殿の壁画の制作を終え、夫人をともなってドイツ・オーストリアの旅へ出かけます。

魁夷がドイツを訪れるのは留学以来、実に36年ぶりのことです。第二次世界大戦を経たドイツの古い町の面影が今もなお残っているのか、懐かしい気持ちと同時に不安を抱えながら、再びドイツの町を訪れました。DSC05426.JPG

魁夷は、観光化された美しい町並みに限らず、小さな古い町を好み、描いて回りました。窓から漏れる灯火や、窓辺を飾る花々の描写には、単に町のすがたを描きとどめようとしていたのではなく、そこで暮らす人々の生活の温もりにも心を寄せていたことがうかがえます。DSC05424.JPG

ヨーロッパの町を取材する作品には、その地ならではの趣向の凝らされた看板とその奥にたたずむ町や、切り取るように正面からとらえた窓が印象的に描かれています。窓枠を隔てて見える景色は、魁夷が旅人として感じた疎外感が時として漂います。

魁夷が画家の目でみたヨーロッパの風景を展示室内にてどうぞお楽しみください。

最後に、展示替のお知らせです。

展覧会は期間を前期・後期に分け、資料類と本制作を除きほとんどの作品を入れ替えます。前期・後期を合わせると、約100点のスケッチ作品をご覧いただくことができます。

前期は10月27日(日)まで、残すところあと9日となりました。前期期間はおもに北欧の作品でスケッチ・習作と本制作を見比べてご鑑賞していただくことができます。ぜひお見逃しなく!

そして後期は10月29日(火)から開幕します。

魁夷の欧州の旅、引き続きお楽しみください!

皆さまのご来館をお待ちしております。

(M)