アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

「建築」を表示

ブログで大山崎山荘ツアー⑦山本記念展示室(居間)

2020月9月20日
  • 建築

さわやかな秋晴れで、連休がスタートしました。
美術館も少しずつ賑わいを見せています。

今日は、ブログで大山崎山荘ツアー⑦として、美術館本館・山本記念展示室のご紹介です。
大山崎山荘時代には居間として使用されていました。

現在は企画展「生誕130年 河井寬次郎展-山本為三郎コレクション」を開催中で、山本記念展示室には戦後の河井寬次郎の作品が展示されています。
作品につきましては、ブログ「河井展ご紹介」の連載でご紹介しています。そちらも合わせてお読みください。

yamamoto.jpg

この部屋には特に大山崎山荘をデザインした加賀正太郎のこだわりが詰まっています。

まずは部屋の中央にある、暖炉のあたりから見ていきましょう。

暖炉の装飾には、画像石(中国後漢時代に墳墓の装飾に使われた、彫刻が施された石)が使われています。
それを支える2本の柱は画像磚(同様の煉瓦の一種)です。

今から1800年以上前のものが室内の飾りとして使用されていることに驚きです。

gazouseki.jpg

暖炉や天井には、乙訓名産のタケノコ模様のレリーフが彫られています。

タケノコ.jpg

暖炉の足元の囲いには、リスがあしらわれています。

rsu.jpg

暖炉の向かい合わせには、夕焼けのように美しい、ステンドグラスの窓があります。

赤を美しく見せるため硝子には金が練り込まれており、表と裏では、見える色や印象が異なります。

window.jpg

壁には魚を捕る漁網が実際に塗りこめられ、模様になっています。

amikabe.jpg

このほかにも、様々な意匠がちりばめられています。

美術館のホームページでも、意匠をご紹介していますので、合わせてごらんください。

https://www.asahibeer-oyamazaki.com/design/


ご来館の際には、加賀正太郎のこだわりのデザインを探しながら、お楽しみください。

今日は赤い星の部屋をご紹介しました。

地図6.jpg

次回は食堂として使われていた「展示室1」をご紹介したいと思います。お楽しみに!



*美術館の昔の写真など、詳しくは「アサヒビール大山崎山荘美術館 ガイドブック」に掲載されています。ミュージアムショップで販売しておりますので、ご来館の際にご覧いただければ幸いです。


*お客さまの安全と、作品保護の観点から、館内の撮影はご遠慮いただいております。ご了承ください。




IK

ブログで大山崎山荘ツアー⑥ 展示室2(応接間)

2020月9月3日
  • 建築

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
庭園の睡蓮も今朝は9輪ほど咲いていました。もう少し、夏の名残を楽しめそうです。

さて、今回はブログで大山崎山荘ツアー⑥です。
館の奥へと進んで行きましょう。

IMG_0089.jpg

石造りの廊下の先には、「展示室2」があります。この部屋は、作品の展示だけではなく、講演会やコンサートなど、イベントを行う場所としても使用することがあります。

パルミラ.jpg

壁には、姫路城などでも使われた龍山石(たつやまいし)がふんだんに使われています。明るくて質感がある、特徴的な石です。角の加工まで細やかに作られています。

IMG_0095.JPG

IMG_0103.JPG

床には艶やかな大理石が使われています。

大理石の床.jpg

明るいこの部屋は、大山崎山荘時代に「応接間」として使われていました。
ソファーが数多く並べられ、蘭の鉢が飾られていた写真が残っています。
たくさんの客人をここでお迎えしていたのでしょうね。

今日は、赤い星の部分をご紹介しました。

mitorizu6.jpg

次回は居間として使われていた「山本記念展示室」をご紹介したいと思います。

お楽しみに!




*大山崎山荘の昔の写真など、詳しくは「アサヒビール大山崎山荘美術館 ガイドブック」に掲載されています。ミュージアムショップで販売しておりますので、ご来館の際にご覧いただければ幸いです。

(IK)

ブログで大山崎山荘ツアー⑤ 本館の中へ(悠々居)

2020月8月19日
  • 建築

春から不定期でアップしている「ブログで大山崎山荘ツアー」。

第5回目の今日は、いよいよ美術館の本館の中をご紹介します。早速、扉を開けて中に入ってみましょう!

IMG_0162.JPG

現在、受付エントランスとして使われているのは、前回のブログでご紹介した第一期の工事で建てられた平屋の部分です。1917年(大正7年)に完成した平屋の建物は「悠々居(ゆうゆうきょ)」と呼ばれていました。大山崎山荘の中でも一番歴史のある部分です。

イギリスの炭坑夫の住宅をモデルにして作られたといわれています。

本館ショップ.jpg天井は小屋組みの梁がむき出しになっています。

IMG_0077.JPG



玄関ホールには作り付けのソファーと暖炉があり、このコーナーの入り口には、大きな松の木の梁が使われています。

天井の直線的な梁とは違い、ゆったりとしたカーブを描いた梁は、日本の古い民家を思わせるような、和のテイストも感じられます。

LL補正暖炉ひき.jpg


青いつややかなタイル張りの暖炉は往時、実際に使われていました。
獅子のようなレリーフが彫られています。よく見ると、左右の角にも...!
低めに作られたソファーは現在もお座りいただけます。

LL補正暖炉.jpg

ミュージアムショップを横目に進むと、1922年(大正11年)からの第2期に増築された部分に入ります。
右手には、石造りの廊下があります。

廊下.JPG

廊下に入ってすぐのこの横のドアは、1996年(平成8年)に美術館としてオープンする際に建てられた「地中の宝石箱(地中館)」へとつながります。
モネの【睡蓮】をはじめとした、西洋美術コレクションが展示されています。

モネこちら.JPG




今日は、赤い星の部分をご紹介しました。

見取り図.jpg

次回は石造りの廊下の先にある、現在の「展示室2」をご紹介したいと思います。

お楽しみに!




*大山崎山荘の昔の写真など、詳しくは「アサヒビール大山崎山荘美術館 ガイドブック」に掲載されています。ミュージアムショップで販売しておりますので、ご来館の際にご覧いただければ幸いです。




IK

7月より、オルゴールの演奏を再開しています

2020月7月15日
  • その他
  • 建築

美術館本館の2階にはどっしりとしたアンティークのオルゴールが設置されています。

ポリフォンムジクヴェルケ社製のMIKADOというディスクオルゴールで、1895年頃にドイツで作られたものです。

オルゴール.JPG

正面のガラスには月桂樹の輪をかざす、女神の姿。その奥に大きなディスクが入っています。

オルゴール中.jpg

開館日には毎日、時間を決めて演奏しています。

演奏時間は11時~、12時~、13時~、14時~、15時~、16時~。
ディスクが一周し、約2分の曲が流れます。

曲は、毎月変わります。
今月は「コルネヴィーユの鐘」を演奏します。漁師と、ある美女のラブストーリーが描かれたフランスの歌劇曲です。

なにぶん、歴史のあるオルゴールですので、その日の調子によって演奏できない場合もありますが、どうかご容赦ください。

感染症防止のため、「密」にならないよう、ご配慮をいただきながらにはなりますが、本館に響き渡る、豊かで力強い音色に耳を傾けていただければ幸いです。

(IK)

ブログで大山崎山荘ツアー④ 本館を、外から愉しむ。

2020月6月9日
  • 建築

いよいよ美術館本館のご紹介です。
今日は、外観についてご紹介します。

「大山崎山荘」を作った加賀正太郎は、若き日に欧州へ遊学し、異国の文化に触れ、見分を広めました。その時の経験が、帰国した加賀の活動に多くの影響を与えます。

加賀は英国で訪れたウィンザー城から眺めたテムズ川の風景を、大山崎の高台から見える宇治・木津・桂の三川が合流する景色に重ね合わせ、この場所に別荘を作ることを決めたのだそうです。

土地を購入したのは19116月のことでした。

4-1.JPG

翌年1912年には建設が始まり、1917年ごろには第1期工事が完成します。

当時の山荘は木造平屋建て。

現在の玄関ホールの部分にあたり、イギリスの炭鉱夫の家から着想を得て建てられました。

4-2.JPG

完成後5年ほどで改造に着手し、1922年から第2期工事に入ります。

前期で建てられた平屋部分を残しつつ、そこに融合させる形で、地上3階建て、地下1階の建物が作られました。

着工して間近な1923年に関東大震災が起こったこともあってでしょうか、大山崎山荘は仕上げ材として木材をふんだんに使っていますが、構造的には鉄筋コンクリート造、壁はすべて柱を兼ねるような一体型のつくりになっており、耐震・耐火を考えた構造が採用されています。

完成は1932年。着工してから約20年もの月日をかけて、現在に残る「大山崎山荘」の姿が作り上げられました。

チューダーゴシック様式の特徴がみられる外観は、とても魅力的です!

4-4.JPG

ハーフティンバー方式と言われる木骨を見せる外壁、木と木の間をスクラッチタイルや漆喰で装飾しています。

急こう配の屋根には煙突があり、建物全体のアクセントになっています。

また、本館全体の構成は非対称で玄関は脇についています。

4-5.JPG

玄関から反対側の芝生広場から見ていると、スイスの山小屋のような雰囲気も。

遠目からはわかりにくいですが、近づいていくと...

4-7.JPG

一階の壁面は白壁だったことが分かります。地階はコンクリート造りで、石がランダムに貼られています。隣町の水無瀬で産出された、緑色がかった尺代石(しゃくだいいし)が使われています。

外にも、細やかな細工や装飾がなされています。

4-8.JPG

4-3.JPG

大山崎山荘の外観も、たくさんの見どころがあります。

ご来館の際には、お庭とともにお楽しみください。

IK

  • 1
  •  
  • 2