アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事「ブログで大山崎山荘ツアー④ 本館を、外から愉しむ。」を表示

ブログで大山崎山荘ツアー④ 本館を、外から愉しむ。

2020月6月9日
  • 建築

いよいよ美術館本館のご紹介です。
今日は、外観についてご紹介します。

「大山崎山荘」を作った加賀正太郎は、若き日に欧州へ遊学し、異国の文化に触れ、見分を広めました。その時の経験が、帰国した加賀の活動に多くの影響を与えます。

加賀は英国で訪れたウィンザー城から眺めたテムズ川の風景を、大山崎の高台から見える宇治・木津・桂の三川が合流する景色に重ね合わせ、この場所に別荘を作ることを決めたのだそうです。

土地を購入したのは19116月のことでした。

4-1.JPG

翌年1912年には建設が始まり、1917年ごろには第1期工事が完成します。

当時の山荘は木造平屋建て。

現在の玄関ホールの部分にあたり、イギリスの炭鉱夫の家から着想を得て建てられました。

4-2.JPG

完成後5年ほどで改造に着手し、1922年から第2期工事に入ります。

前期で建てられた平屋部分を残しつつ、そこに融合させる形で、地上3階建て、地下1階の建物が作られました。

着工して間近な1923年に関東大震災が起こったこともあってでしょうか、大山崎山荘は仕上げ材として木材をふんだんに使っていますが、構造的には鉄筋コンクリート造、壁はすべて柱を兼ねるような一体型のつくりになっており、耐震・耐火を考えた構造が採用されています。

完成は1932年。着工してから約20年もの月日をかけて、現在に残る「大山崎山荘」の姿が作り上げられました。

チューダーゴシック様式の特徴がみられる外観は、とても魅力的です!

4-4.JPG

ハーフティンバー方式と言われる木骨を見せる外壁、木と木の間をスクラッチタイルや漆喰で装飾しています。

急こう配の屋根には煙突があり、建物全体のアクセントになっています。

また、本館全体の構成は非対称で玄関は脇についています。

4-5.JPG

玄関から反対側の芝生広場から見ていると、スイスの山小屋のような雰囲気も。

遠目からはわかりにくいですが、近づいていくと...

4-7.JPG

一階の壁面は白壁だったことが分かります。地階はコンクリート造りで、石がランダムに貼られています。隣町の水無瀬で産出された、緑色がかった尺代石(しゃくだいいし)が使われています。

外にも、細やかな細工や装飾がなされています。

4-8.JPG

4-3.JPG

大山崎山荘の外観も、たくさんの見どころがあります。

ご来館の際には、お庭とともにお楽しみください。

IK