アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事「「櫛・かんざしとおしゃれ展」ご紹介 その4」を表示

「櫛・かんざしとおしゃれ展」ご紹介 その4

2019月2月11日
  • 展覧会

本日は大変ご好評をいただいております、「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」から、本館1階山本記念展示室の展示についてご紹介いたします。

山本記念展示室では、「四季の彩り」「長崎・南蛮文化」「名匠が描いた職人技」「家紋と日本地図」など、テーマごとに櫛・かんざしを展示しています。

DSC03387.JPG

「名匠が描いた職人技 羊遊(ようゆう)(さい)」では、多くの佳作を残す名匠、原羊遊斎の手による櫛を集めています。

羊遊斎は大名家御用達の職人として活躍し、華やかな櫛を手がけました。《(やぶ)柑子(こうじ)文様蒔絵櫛》は、江戸琳派の祖である酒井抱一が下絵を手がけ、羊遊斎が制作した豪華なコラボレーション作品となっています。

また、羊遊斎は《長崎出島風景図蒔絵鼈甲櫛》など同時代の風景をも櫛の題材として用いており、古典柄からモダンな絵様まで幅広く手がけた人物と言えるでしょう。本展には、山本記念展示室以外にも羊遊斎の櫛がありますので、探してみてくださいね。

DSC03388.JPG3.JPG

また、「四季の彩り」では、《燕と夏草文様蒔絵象牙櫛》にぜひ注目してみてください。

3羽の燕をななめ上から見下ろすように描かれており、広げた羽と背中が見えます。そしてこの裏にも同様に燕が描かれているのですが、今度は後ろからのアングルで描かれ、腹を見せているのです。本来、櫛は髪に「立てて」使うもの。立体としての魅せ方に遊び心が効いた作品です。(本作の裏面は写真パネルにてご覧いただけます(上写真)。表面は実際に展示室でご覧ください!)

本展の会期も残すところ約2週間となりました。

女性たちのおしゃれへの飽くなき探求に応えた、小さな櫛に凝縮されている圧倒的な職人技を、ぜひご覧ください。

皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

(K)