アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事「「櫛・かんざしとおしゃれ展」ご紹介 その1」を表示

「櫛・かんざしとおしゃれ展」ご紹介 その1

2019月1月6日
  • 展覧会

あけましておめでとうございます。

旧年中は当館の活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

本日は大変ご好評をいただいております、「澤乃井櫛かんざし美術館所蔵 櫛・かんざしとおしゃれ展」から「新春」の櫛・かんざしについてご紹介いたします。

展示室1の大きな展示ケースでは、かるたの札が描かれた《歌留多かるた文様蒔絵鼈甲櫛》、伊勢海老を大胆に配した《正月飾り金銀びらびら簪》など、新春らしい華やかな櫛・かんざしを紹介しています。

DSC02935.JPGのサムネイル画像

松竹梅や鶴などの吉祥文様は、おめでたい絵柄として新春に似つかわしいものでした。吉祥文様の中でも、初夢に出てくると縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」は新春を代表する意匠と言えるでしょう。

《一富士二鷹三なすび図金属櫛・笄》には堂々たる富士山を背景に2羽の鷹が羽ばたき、うねる茎の先には茄子の実が見えます。茄子を櫛の模様にするのは私たちの感覚では少し不思議に思いますが、女性が日ごろ身に着けるアクセサリーである櫛に、人々が愛した絵柄を描くのは、自然なことだったのかもしれません。

素敵な今年の始まりに、雅やかな櫛・かんざし、華やかな浮世絵をご覧になってはいかがでしょうか。みなさまのご来館をお待ちしております。

(K)