アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事「「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展のご紹介その1」を表示

「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展のご紹介その1

2018月10月8日
  • 展覧会

本日は大変ご好評をいただいております、「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展から、「細雪」に関する展示についてご紹介をいたします。

「細雪」といえば、映画やテレビドラマにもなった谷崎潤一郎の代表作です。谷崎は、自分の妻である松子、そして松子の娘や妹たちといった、自分の身の周りの女性をモデルに本作品を執筆しました。なかでも「細雪」に登場する女性たちが、華やかな着物に身を包み京都へ花見に出かけるシーンはとても印象的です。

本展の展示室1では、谷崎夫人らが花見の際に着ていた着物を、実際の写真をもとにアンティーク着物で再現しています。

taqnizaki.jpg

このコーディネートは彼女たち自身がえらんだのでしょうか。写真と着物を照らし合わせてみると、それぞれ自分に似合うデザインをよく分かっていたようにも思えます。

お花見に行ってこれほど華やかな4人組がいたら、思わず見とれてしまいそうですね。

4人の個性あふれる着こなしをお楽しみください。

山手館では、「細雪」のほかにも「痴人の愛」、「台所太平記」、「秘密」など多数の谷崎作品に関連した着物の展示もございます。また、10月16日(火)以降は一部作品の展示替えがあり、10月14日(日)までしか鑑賞できない作品もありますので、どうぞお見逃しなく。

(K)