アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事一覧

ウィリアム・モリス展 2万人目のお客さま

2018月6月15日
  • 展覧会

ご好評いただいております「ウィリアム・モリス展」は、本日、2万人目のお客さまを
お迎えすることとなりました!
本展覧会は予想を上回る盛況ぶりで、平日でも館内が大勢のお客さまでにぎわっていることも多々ございます。
ほんとうに嬉しいかぎりです。

そして2万人目のお客様は・・・

DSC02074.JPG

群馬県からお越しになったご友人お2人でした。
副館長と一緒に記念撮影をしていただきました。
お一方は2度目のご来館で、もうお一方は今回が初めてのご来館とのこと。

本日はあいにくの雨ですが、雨のしっとりした雰囲気も山荘の雰囲気と相まって
お楽しみいただけるかと思いますので、ごゆっくりご覧いただければと思います。

モリス展は7月16日(月・祝)まで。
あと1か月となりましたので、まだご覧になっていないお客さまは
ぜひこの機会にお越しくださいませ。 (Y)

半夏生が見頃です

2018月6月13日
  • 季節の庭

梅雨入りしまして、当館のお庭も梅雨の草花があちこちで見られるようになりました。
本日は半夏生(ハンゲショウ)をご紹介します。

DSC01925 .JPG

写真一番手前、膝ほどの高さの植物がハンゲショウです。池には睡蓮、その奥にアジサイも見えますね。
どれもただいま見頃を迎えております。
半夏生は、夏の頃に稲穂のような小さな花をつけるのですが、開花時期にあわせて花周辺の葉が白く色づくのが特徴で、
おしろいをした様子に見えることから半化粧という字をあてることもあるようです。

DSC01931 .JPG

花自体は小さくてじっくり観察したくなるほどですが、晴れの日はもちろん、雨の日でも白い葉は目を引きますので、ぜひ葉っぱを目印に探してみてください。

ハンゲショウの咲くころに降る雨のことを半夏雨といい、この花の名前がとられたそうです。梅雨の花らしいエピソードですね。
雨の日は急ぎ足になってしまうことが多いのですが、梅雨限定の景色を楽しめる絶好の機会でもあります。
雨でしっとりとした当館のお庭の風情も素敵ですので、ぜひゆっくり散策なさってください。

※ハンゲショウは水辺で育ちますので、ご鑑賞の際はお足もとにお気をつけください。

ウィリアム・モリス展のご紹介 その2

2018月6月7日
  • 展覧会

本館より山手館へつながる廊下から見るお庭の池、睡蓮の花が満開のきざしを迎えています。
本日は現在開催中のウィリアム・モリス展につきまして、山手館に展示中の作品を中心にご紹介いたします。

山手館展示室ではモリスの最初期の作品をふくむ、内装用ファブリックや壁紙の作品を中心に展示しております。モリスがデザインした壁紙やファブリックは現在でも復刻して取り扱われているものが多く、その人気の高さがうかがえます。
このような復刻品のもととなったオリジナルの作品は必見です!

18.jpg

上掲の《マリーゴールド(ピンク)》(1875年)は色違いの復刻品を、展示空間の施工壁紙に使用しております。

IMG_2571 - コピー (2).JPG

また、本館のドレープカーテンやレースカーテンは、モリスがデザインした作品由来のものを多数使用しております。

63.jpg

数ある中でも《柳の枝》(1887年)は、本館の展示室2や2階のレースカーテンに使用されており、しっかりと色の乗ったデザイン画とまた違った表情を見せてくれます。

DSC01673 - コピー.JPGIMG_20180607_104535.jpg

お天気の良い日などは光と影のコントラストが美しく、室内の床面などに透かし模様の影が落ちて当館の装いにアクセントを添えています。

なお、今週の土曜日(9日)は、14:00よりギャラリートークを行います。
モリスに影響を与えた人物との関係などとともに、現代生活の中で活きるモリスのデザインについても詳しく解説いたしますので、ぜひ体感しにご来館ください。

*なお、ギャラリートークは無料ですが、別途入館料が必要です。

( U )

紫陽花の季節になりました

2018月6月1日
  • 季節の庭

暑くなったと思えば急に寒くなったりと気候の変動が激しいこの頃ですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
6月に入り、もうそろそろ梅雨入りも間近ですね。

梅雨の時期に咲くお花といえば、紫陽花です。
当館には、美術館の入り口近くの水辺と庭園の睡蓮の池付近に紫陽花がありますが、
ただいま美術館入口付近の紫陽花が見頃を迎えています。

DSC01897.JPGこれは紫陽花の中でも「額紫陽花(ガクアジサイ)」という種類です。
実は、中心の蕾のような部分がお花で、逆にお花ととらえがちな部分はガク(葉が変化したもの)なのです。
この、中心のお花を飾っているようなガクの様子が額縁にみえることから、
「額紫陽花」と名付けられています。

DSC01898.JPG通常よく目にする紫陽花も魅力的ですが、こちらもとっても可愛らしいですよね。
ちなみに花言葉は「謙虚」だそうで、その名の通り美術館でもひっそりとその花を
咲かせています。

DSC01899.JPG美術館にお越しの際は、ぜひ紫陽花にも目を向けてみてくださいね。(Y)

睡蓮開花状況

2018月5月24日
  • 季節の庭

今月半ばに開花宣言をしました、当館の池の睡蓮が咲きそろい始めています。
池の表面が切れ込みの入った丸い葉で覆われて、その隙間にいくつも白い可憐な花が見えます。

DSC01889 .JPG

DSC01761.JPG

天気の良い日などは、明るい日差しに白い花が光ってまばゆいほどですが、満開の睡蓮をご鑑賞予定のお客様はぜひお昼ごろまでにお越しください!
睡蓮はその字の通り、朝に開いて夕方には眠るように花を閉じることを数日繰り返します。15:00を過ぎると早い花は閉じかかってしまいます。

なお、当館の地中館展示室では所蔵の中から、クロード・モネ(1840~1926)の《睡蓮》を常時2点以上展示しております。
現在展示中の作品《睡蓮》(1914~1917)は、白い睡蓮が画面に大きく描き出され、筆のタッチやサイズに圧倒されます。
当館にご来館の際は、世界的巨匠のモネの作品とともに、彼を魅了した睡蓮の景色にもぜひ触れてみてください。