アサヒビール大山崎山荘美術館
 

企画展のご案内

<< 次頁へ
企画展の一覧ページ
前頁へ >>

野口哲哉展-野口哲哉の武者分類図鑑-

主催:アサヒビール大山崎山荘美術館、朝日新聞社 休館日:月曜(祝日の場合は翌平日、ただし4月28日は開館)後援:京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、エフエム京都
上段左より、《ポジティブ・コンタクト》2011年、《Talking Head》2010年、《SAMURAI WING》2013年、
下段左より、《Sprinter》2011年、《Un samouraï vient》2012年、《シャネル侍着甲座像》2009年 CHANEL SAMURAI © Tetsuya Noguchi Collection: CHANEL K.K.

 1980年生まれの野口哲哉は、樹脂やプラスチックなど、現代的な素材を駆使して古びた姿の鎧武者を造形し、それらの織りなす嘘とも現実ともつかない魅力的な世界観を構築する美術家です。南蛮渡来のシャネルのマークを家紋とした甲冑を身にまとった紗練家( しゃねるけ)の武者像《シャネル侍着甲座像》がある一方で、自転車に乗った武士が出陣するさまを描いた《着甲武人自転車乗車出陣影》は、当時あたかもそんな武者がいたかのように、巧妙に古びた画面を演出しています。
 野口の作品世界の大半は、武士を主題にしながらも、実際には存在しない、彼曰く“でっちあげ”の世界なのですが、サムライ、甲冑への知識に裏付けられた空想世界はじつに豊かで、史実とのはざまを行き来するユニークで独創的なものとなっています。加えて、甲冑の表現の正確さや、サムライたちの立ち振る舞いは、格好良さのなかにも常に滑稽さや哀しさが漂っており、その姿は日々のくらしを送る私たち現代人とどこか通じるものがあります。
 作家はまだ30代半ばで活動期間は短いとはいえ、コレクターは国内外におよび、展覧会出品作や個展の評価も高く、今まさに注目される美術家の一人です。本展は、一貫して鎧武者をモチーフに制作する野口哲哉の武者世界を紹介する初の試みとなります。

※練馬会場とは展示内容が一部異なります
※会期中展示替えを行います

【作家略歴】

1980年香川県高松市生まれ。1999年広島市立大学芸術学部油絵科入学。2000年頃から油彩画制作と並行して樹脂粘土を使用した立体作品の制作を開始。2005年広島市立大学大学院修了。

2007年
「現代アーティストによるLE MONDE DE COCO ―ココの世界」(シャネルネクサスホール、東京)TCAF(Tokyo Contemporary Art Festival)2007
2008年
アートフェア東京2008、「NETWORK JAPAN PROJECT」(Inter Alia、ソウル・韓国)
個展「野口哲哉展~武士道とは夢見ることと見つけたり」(TCAF2008、ギャラリー玉英ブース)
2009年
「医学と芸術:生命と愛の未来を探る」(森美術館、東京)
2010年
「BASARA」展(スパイラルガーデン、東京)、「甲冑の昔と今」(ギャラリー真玄堂、東京)
2011年
芝浦工業大学メインビジュアル担当、「ポジティブ・コンタクト 野口哲哉展」(松坂屋名古屋本店) 学院修了。


ゲスト × アーティスト トーク

①山田五郎(評論家) × 野口哲哉        4月26日(土) 14:00-
②笑い飯 西田幸治(芸人) × 野口哲哉     6月13日(金) 14:00-
③藤本正行(國學院大學兼任講師) × 野口哲哉  6月14日(土) 14:00-

※定員に達しましたので受付を終了いたしました

◆日 時:
本館1階展示室2
◆内 容:
野口哲哉と3人のゲストによる対談
◆参加費:
無料、ただし美術館入館料は別途必要
◆定 員:
各回50名、要申込(先着順)
※こちらのイベントは終了いたしました。

春の講談 山崎大合戦

◆出 演:
旭堂南青(上方講談師)  
◆日 時:
5月11日(日)  ④11:00- / ⑤14:00-
◆会 場:
本館1階展示室2
◆参加費:
500円、ただし美術館入館料は別途必要
◆定 員:
各回40名、要申込(先着順)

①~⑤の申込方法: FAXまたは往復はがきで参加者全員の (1)氏名 (2)住所 (3)電話番号 (4)FAX番号 (5)イベント番号・日時をご記入のうえ「イベント係」まで FAX : 075-957-3126
※申込は一つのイベントにつき1通、2名様まで  ※対象は高校生以上
※往復はがきの場合は、参加希望日1週間前必着  ※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします
※往復はがきの往信・返信には各52円(合計104円)必要です

※こちらのイベントは終了いたしました。

ギャラリートーク

◆日 時:
展覧会期間中の第2・第4土曜日 14:00-14:30 
(4/26、6/14、7/26を除く)
◆会 場:
当館展示室
◆内 容:
学芸員が本展覧会の見どころを解説
◆参加費:
無料、ただし美術館入館料は別途必要 ※事前申込不要

アサヒ ラボ・ガーデン提携企画 「野口哲哉の武者分類図鑑」
※美術館では開催いたしません

◆会 場:
アサヒ ラボ・ガーデン (最寄:JR大阪駅・各線梅田駅)
◆講 師:
当館学芸員
◆内 容:
企画展の理解をより深めるためのレクチャー
◆日 時:
5月17日(土) 14:00-15:00
◆参加費:
無料
◆定 員:
40名、要申込(抽選)
◆参加受付:
4月上旬よりアサヒ ラボ・ガーデンのウェブサイトからご応募ください
※こちらのイベントは終了いたしました。

カフェ企画  もののふの夢 (3種類の特製オリジナルケーキ)

◆内 容:
リーガロイヤルホテル京都がこの展覧会のために考案した、3種類の特製オリジナル ケーキを提供いたします。
野口哲哉氏の作品世界から想を得た、和のテイストを感じさせる限定メニューです。
  • 抹茶と柚子のケーキ
「京のみやこみち」
    抹茶と柚子のケーキ
    「京のみやこみち」
    交互にかさねた抹茶とハチミツのスポンジケーキを京都の古道に見立て、柚子ジャムと日本酒のシロップで香りつけをしています
  • シナモンビターチョコとドライマンゴーのケーキ
「南蛮虎良」(なんばんとらい)
    シナモンビターチョコと
    ドライマンゴーのケーキ
    「南蛮虎良」(なんばんとらい)
    交互にかさねたターリックとシナモンビターチョコのスポンジケーキを虎に見立て、ドライマンゴーをしのばせシェリー酒のシロップで香りつけをしています
  • みかんと竹炭のケーキ
「黒田蜜柑兵衛」 (くろだみかんべえ)
    みかんと竹炭のケーキ
    「黒田蜜柑兵衛」

    (くろだみかんべえ)
    交互にかさねた竹炭と蜜柑・オレンジのスポンジケーキは見た目の印象とは裏腹のさわやかな風味です。グランマルニエ酒(オレンジのブランデー)のシロップで香りつけをしています

◆期 間:
展覧会期間中
◆場 所:
当館本館2階喫茶室
◆料 金:
500円(単品税込、美術館入館料は別途必要)
◆協 力:
リーガロイヤルホテル京都
<< 次頁へ
企画展の一覧ページ
前頁へ >>

PageTopPageTop