アサヒビール大山崎山荘美術館
 
EXHIBITION 展覧会展覧会

かたちのであい ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁

2015年9月19日(土)-2015年12月13日(日)

かたちのであい ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁

オーストリア出身の陶芸家ルーシー・リー(1902-95)、ドイツ出身の陶芸家ハンス・コパー(1920-81)。第二次世界大戦の戦禍を逃れてイギリスへ亡命した二人は、異国の地で長年にわたり同じ工房で働き、ときには共同制作をしながら、それぞれの創作に向きあいました。作風や方向性の違いはあるものの、彼らの作品の多くに共通している特徴は、ろくろで薄くひいたパーツを組みあわせ、納得のいくかたちをつくり出すことでした。薄さゆえのかろやかさを纏(まと)ったかたちとかたちの組みあわせは、抑揚の効いた新たなバランスを生みだして多様な表現を可能にするとともに、都市の洗練に根ざした理知的で静謐な世界観を構築しました。その結晶である二人の作品群は、今なお人々を魅了しつづけています。

一方、リーとコパーがロンドンで制作を始めた当時、イギリスの陶芸界を席巻していた潮流は、英国陶磁の伝統的な技法や作風を再発見して新たな価値を見出した、素朴かつ重厚で力強いやきものでした。その中心にはバーナード・リーチ(1887-1979)がいました。日本の民藝運動と深く関わったリーチを通じて、リーとコパーは柳宗悦(1889-1961)や濱田庄司(1894-1978)らとも交友をもつことになります。本展では、わが国を代表する陶芸コレクションを有する京都国立近代美術館からリーとコパーの作品を、そして当館所蔵品から、
リーやリーチ、濱田らの作品をあわせて展示することで、当時の様子を鑑みながらそれぞれの魅力に迫り、イギリス現代陶芸への新たな扉を開くこととなったかたちのであいを紹介いたします。

◎会期

2015年9月19日(土)-12月13日(日)
午前10時~午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで。

◎休館日

月曜日
※ただし9月21日、10月12日、11月16・23・30日、12月7日は開館
※振替休館日は9月24日(木)、10月13日(火)

◎主催

アサヒビール大山崎山荘美術館

◎入館料※団体:20名以上

一般
900円(団体:800円)
高・大学生
500円(団体:400円)
中学生以下
無料
障害者手帳をお持ちの方
300円

◎後援

京都府、大山崎町、大山崎町教育委員会、京都新聞、
読売新聞京都総局、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、
中日新聞京都支局、エフエム京都

主な展示作品

  • ルーシー・リー《青釉黒覆輪鉢》1984年頃 当館蔵 Estate of the artist

    ルーシー・リー《青釉黒覆輪鉢(せいゆうこくふくりんはち)》1984年頃
    当館蔵 Estate of the artist

  • ハンス・コパー《花生》1963年 京都国立近代美術館蔵

    ハンス・コパー《花生》1963年
    京都国立近代美術館蔵
    Estate of the artist

  • ルーシー・リー《壺》1965年頃 京都国立近代美術館蔵 Estate of the artist

    ルーシー・リー《壺》1965年頃
    京都国立近代美術館蔵 Estate of the artist

  • ルーシー・リー《白釉カップ》1980年代 当館蔵 Estate of the artist

    ルーシー・リー《白釉カップ》1980年代
    当館蔵 Estate of the artist

  • ハンス・コパー《壺》1968年頃 京都国立近代美術館蔵

    ハンス・コパー《壺》1968年頃
    京都国立近代美術館蔵
    Estate of the artist

  • ハンス・コパー《壺》1968年頃 京都国立近代美術館蔵

    ハンス・コパー《壺》1968年頃
    京都国立近代美術館蔵
    Estate of the artist

  • 濱田庄司《白釉銅紐注瓶》1955年 当館蔵

    濱田庄司《白釉銅紐注瓶
    (はくゆうどうひもちゅうへい)》1955年
    当館蔵

  • 《イギリス スリップウェア鉢》18世紀 当館蔵

    《イギリス スリップウェア鉢》 18世紀
    当館蔵

  • バーナード・リーチ《スリップウェア グリフィン図大皿》1952年頃 当館蔵

    バーナード・リーチ《スリップウェアグリフィン図大皿》 1952年頃
    当館蔵

関連企画

アルビオン・ミューズ工房時代の
ルーシー・リーとハンス・コパー

日 程 2015年10月4日(日) 14:00-15:00
ゲスト 陶芸研究家 西マーヤ氏
会 場 当館展示室
内 容 欧米陶芸美術誌への寄稿も多い陶芸研究家 西マーヤ氏を招き、リーとコパーがかかわりを持つこととなった
アルビオン・ミューズの工房時代を中心に、当時の様子をお話しいただきます
参加費 無料、ただし美術館入館料は別途必要
定 員 50名、要申込(先着順)
参加受付 FAXまたは往復はがきで
(1)イベント番号・日時 (2)参加者全員分の氏名
以下、代表者のみ
(3)住所 (4)電話番号 (5)FAX番号
をご記入のうえ、「イベント係」まで
FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで
※往復はがきの場合は、参加希望日1週間前必着
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします
終了しました

創造への刺激 領域を超えて:
チェロ奏者 上森祥平(うわもり しょうへい)
とルーシー・リー、ハンス・コパー

日 程 2015年10月25日(日) 14:00-15:30
定員に達しました
ゲスト チェロ奏者 上森祥平氏
会 場 当館展示室
内 容 京都府文化賞奨励賞を受賞し、世界的に活躍する気鋭のチェロ奏者 上森祥平氏を招き、リーとコパーの作品の魅力と自身の創造への刺激について、演奏を交えてお話しいただきます
参加費 無料、ただし美術館入館料は別途必要
定 員 50名、要申込(先着順)
参加受付 FAXまたは往復はがきで
(1)イベント番号・日時 (2)参加者全員分の氏名
以下、代表者のみ
(3)住所 (4)電話番号 (5)FAX番号
をご記入のうえ、「イベント係」まで
FAX:075-957-3126
※申込は1回につき2名様まで
※往復はがきの場合は、参加希望日1週間前必着
※電話・メールによる受付はいたしません
※定員に達し次第、当館ウェブサイトでお知らせいたします
終了しました

アサヒ ラボ・ガーデン提携企画:
レクチャー「ルーシー・リーと
ハンス・コパーの生きた時代」

日 程 2015年10月3日(土)、11月28日(土)
14:00-15:00
講 師 当館学芸員
会 場 アサヒ ラボ・ガーデン
(最寄:JR大阪駅・各線梅田駅)
※美術館では開催いたしません
内 容 企画展の理解をより深めるためのレクチャー
参加費 無料
定 員 40名、要申込(抽選)
申込方法 2015年9月上旬よりアサヒ ラボ・ガーデンのウェブサイトで受付開始
申込受付終了

ギャラリートーク

日 程 本展覧会中、第2、第4土曜日
14 : 00 - 14 : 30(2015年12月12日を除く)
会 場 当館展示室
内 容 学芸員が本展覧会の見どころを解説いたします
参加費 無料、ただし美術館入館料は別途必要
事前申込不要

カフェ企画 かたちのであい展会期中限定ケーキ

本展覧会にあわせ、リーガロイヤルホテル京都によるオリジナルスイーツを提供いたします

ルーシー・リーの贈り物 Present de Lucie Rie

ルーシー・リーが客人をもてなす際にふるまったというチョコレートケーキを、彼女のオリジナルレシピをもとに再現、アレンジしました。リーの代名詞である鉢とボタンをイメージし、花弁のように軽やかなかたちを、釉薬を思わせる上品なピンク色でほのかに彩り、中心には金色のホワイトチョコレートをあしらいました。

提供期間 2015年9月19日(土)
-12月13日(日)
※「かたちのであい」展期間中
協  力 リーガロイヤルホテル京都
料  金 各¥500(単品税込、美術館入館料は別途必要)
イベントカレンダーページへ