アサヒビール大山崎山荘美術館
 
COLLECTION 所蔵品所蔵品

バーナード・リーチ《貼付紋大注瓶(はりつけもんだいちゅうへい)
バーナード・リーチ

制作時期
1931年頃
サイズ
縦16.5×横18×高さ36.8cm
  • バーナード・リーチ《貼付紋大注瓶(はりつけもんだいちゅうへい)》1

作品解説

イギリスのセント・アイヴスでつくられた本作は、中世英国陶器を踏襲しています。リーチは、濱田庄司同様、現地で古作研究に熱心にとり組みました。基部の周辺にある指で押して点々とつけられた痕も、中世の陶器にならったものです。山本爲三郎が設立した大阪・中之島のリーガロイヤルホテル[大阪]に現在もある、「リーチバー」に由来する作品です。

作者について

バーナード・リーチ

Bernard Leach

1887-1979

香港生まれ。幼少期を京都、彦根で過ごし、イギリス帰国後に美術学校で学び、1909年再来日、白樺派と交流。1920年濱田庄司と渡英。現地で築窯・作陶し、1922年リーチ・ポタリーを設立。イギリス陶芸界を牽引しました。

主な所蔵品 一覧へ