アサヒビール大山崎山荘美術館
 
COLLECTION 所蔵品所蔵品

河井寬次郎《筒描花喰鳥文額皿(つつがきはなくいどりもんがくさら)
河井寬次郎

制作時期
1952年頃
サイズ
縦28.4×横18.2×高さ4cm
  • 河井寬次郎《筒描花喰鳥文額皿(つつがきはなくいどりもんがくさら)》1

作品解説

独特で不思議な形をした、河井寬次郎の創案による額皿です。河井は、このような陶額を好んで制作しました。二種類以上の釉薬が成焼中に溶け混じらないように線を盛りあげ、その線の内外に色釉をほどこす、法花という中国の陶磁器の彩色技法がもちいられています。流れるような描線と、発色のよい茶・黒・緑で描かれた花喰鳥(はなくいどり)の図が印象的です。

作者について

河井 寬次郎

Kanjiro Kawai

1890-1966

島根県安来町[現安来市]生まれ。東京高等工業高校[現東京工業大学]窯業科で濱田庄司と出会い、柳宗悦らとの交流から民藝運動に参画。京都・五条坂を拠点に作陶、戦後は民族造形に関心を寄せ奔放な作品を発表しました。

主な所蔵品 一覧へ