アサヒビール大山崎山荘美術館
 
COLLECTION 所蔵品所蔵品

河井寬次郎《海鼠釉片口(なまこゆうかたくち)
河井寬次郎

制作時期
1933年頃
サイズ
縦22×横17.4×高さ9cm
  • 河井寬次郎《海鼠釉片口(なまこゆうかたくち)》1

作品解説

混ざりあった青と白の神秘的な発色が目をひきます。見込み[鉢の内側]にできた釉溜(ゆうたま)りの海鼠釉は、「釉薬の魔術師」とよばれた河井ならではの美しさがあります。海鼠釉は、秋田県の楢岡(ならおか)焼などに特有の釉薬で、本作の片口の形も楢岡焼など東北地方のうつわにならったものでしょう。日本の民窯に作陶の方向性を求めていたころの河井の研究成果が存分に活かされています。

作者について

河井 寬次郎

Kanjiro Kawai

1890-1966

島根県安来町[現安来市]生まれ。東京高等工業高校[現東京工業大学]窯業科で濱田庄司と出会い、柳宗悦らとの交流から民藝運動に参画。京都・五条坂を拠点に作陶、戦後は民族造形に関心を寄せ奔放な作品を発表しました。

主な所蔵品 一覧へ