アサヒビール大山崎山荘美術館
 
COLLECTION 所蔵品所蔵品

クロード・モネ《睡蓮》
クロード・モネ

制作時期
1914-1917年
サイズ
縦200×横200cm
  • クロード・モネ《睡蓮》1

作品解説

モネが自邸の庭に作った睡蓮の池は、ジヴェルニーの生活を飛びだして、パリのオランジュリー美術館の壁一面を埋めつくす大装飾画へと発展していきました。幅が2メートルにもわたる大きなカンヴァスに描かれた本作は、ちょうどモネがこの壮大な計画にとり組んでいたころの作品です。

作者について

クロード・モネ

Claude Monet

1840-1926

フランス、パリ生まれ。少年期をノルマンディー地方のル・アーヴルで過ごし、画家ウジェーヌ・ブーダンとの出会いからパリに出て画塾に通い、1874年第一回印象派展に参加。《睡蓮》連作など印象派を代表する絵画を遺しました。

主な所蔵品 一覧へ