アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

「喫茶室&ショップ」を表示

12月16日から濱田庄司展がはじまります

2017月12月14日
  • 喫茶室&ショップ
  • 展覧会

2017年12月16日(土)から2018年4月8日(日)まで、
濱田庄司(1894-1978)の没後40年を記念し、
「没後40年 濱田庄司展 ―山本爲三郎コレクションより」を開催いたします。

20171213001.JPG

濱田は大正から昭和にかけて、生活に根ざし、
重厚で力強さに満ちた作品を多く生みだしました。

東京工業高等学校を卒業した濱田は京都市陶磁器試験場に入所します。
その後、バーナード・リーチとともにイギリスに渡り、3年間作陶に励みました。
帰国後は栃木県芳賀郡益子町で制作を続け、
沖縄に長期滞在し作陶することもありました。

濱田と、民藝運動の支援者であった、
アサヒビール初代社長・山本爲三郎との出会いは、
20代はじめとはやく、それから半世紀以上にわたり親交を温めました。

本展では、山本家から当館に寄贈され、
開館以来当館所蔵品の軸である山本コレクションを中心に、
濱田の初期から晩年までの作品約100点をご紹介し、その陶歴をたどります。

ミュージアムショップでは本展覧会にちなんで
濱田庄司が制作した作品を本展会期中にかぎり特別販売いたします。

20171213002.JPG

この《鉄絵黍文皿》を含む皿や花瓶など
貴重な作品全6種類をお蔵出しいたします。

どうぞお見逃しなく!
(KO)

本日の紅葉 11月22日

2017月11月22日
  • 喫茶室&ショップ
  • 季節の庭

本日は、喫茶室からの眺めをご紹介いたします。

1.JPG

喫茶室のテラスはとても雰囲気のある空間です。

2.JPG

テラスから望む芝生広場です。

3.JPG

テラスから右手の方をご覧いただきましょう。
赤や黄色に木々が染まっています。緑とのコントラストも鮮やかです。
よく見ると本館の屋根の向こうに宝積寺(通称・宝寺)の三重塔があります。

本館2Fの喫茶室でオリジナルスイーツと一緒に
テラスからの紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。
(KO)

後期展示がはじまりました!

2017月11月1日
  • 喫茶室&ショップ
  • 展覧会

ご好評をいただいています企画展「有元利夫展 ― 物語をつむぐ」は、
作品を大きく入れ替えて後期の展示が始まりました。
今回は、新しく始まった後期展示と当館でしか楽しめないカフェ企画をご紹介します。

まず、後期の展示から。
山手館では、
全24点のうち11点を入れ替えました。
新たに《真夜中の占い》、《花降る森》、《夜の森》などをご覧いただけます。
大きな入れ替えを経て、また違った印象を受けることでしょう。
本展覧会のチラシやポスターなどに掲載されている《7つの音》や、
ともにオリジナルスイーツの題材となった《花降る日》、
安井賞を受賞した《室内楽》などは後期もお楽しみいただけます。

また、山本記念展示室では銅版画集《一千一秒物語》を新たにご紹介しています。
この作品は、稲垣足穂氏の代表作『一千一秒物語』に着想を得たものです。
稲垣氏の不思議な物語を読みながら、有元さんの絵の中の世界に深く入っていくことができます。
また、絵画では《フェラーラ》、《ソナタ》、《小さな花火》の3点を新たに展示しています。

さて、続いては本展覧会中のみ提供いたします、オリジナルスイーツのご紹介です。

目だけでなく舌でも作家の作品世界をご堪能ください。

〈花降る日〉

hana.jpg

ワインの染み込んだレーズンが味にアクセントを与えてくれるチーズケーキです。
ケーキの上に添えられた白い花びらは画面いっぱいに舞っていた花びらを表現しています。
※アルコールが含まれています。

〈7つの音〉

7.jpg

このケーキは本展のポスターやチラシに掲載されている《7つの音》を
題材にしており、画面に7つある球がケーキの上に場所を変えて置かれています。
チョコレートで出来たこのピンクの球はカリッとした食感で、目だけでなく音でも楽しませてくれます。
ケーキに染み込んだコーヒーの苦みで、なめらかなバタークリームの甘さが引き立ちます。

カフェで作品を思い起こし、語り合いながら、
ケーキを楽しんではいかがでしょうか。

秋が深まってくるこの季節、
山手館と山本室で作品が大きく入れ替わった後期展示に、
作品世界を思い起こさせる充実のカフェ企画。
是非、美術館にご来館ください。お待ちしております。
(KO)

漱石と京都展 期間限定ケーキ&ドリンク

2017月5月3日
  • 喫茶室&ショップ
  • 展覧会

気持ちの良いお天気が続いていますね。

本館喫茶室テラス1.jpg

こんな日は、当館自慢のテラスでお茶でもいかがでしょうか。

喫茶室では、リーガロイヤルホテル京都さんの特製オリジナルケーキをご提供しています。「オリジナル」と言うからには、他にはない限定ものです。企画展ごとに内容が変わり、数量にも限りがありますので、早いもの勝ちですよ!
(※ 予約はできませんのでご了承ください・・・)

さて、それではこれから「漱石と京都」展のラインナップをご紹介します。

まずは<桜と苺のケーキ>です。sakura.jpg

焼き菓子の中に桜の花とドライ苺を入れて焼き上げており、桜リキュールがほんのり香ります。桜咲く大山崎を訪れた漱石にちなんで、春爛漫の大山崎山荘を連想させる、華やかなケーキをご用意しました。
「宝寺の隣に住んで桜哉」 漱石
(当館HPより)

リキュールといっても香りづけ程度ですので、お子様でも安心して召し上がれます。口いっぱいに春が広がって、幸せ気分満開になれますよ。

お次は<アクア・ヴィテー命の水>です。3_【紙付き・引き】20140527_水展ケーキ 024 - 圧縮版.jpg

竹鶴ピュアモルトを贅沢に使用したサヴァラン風ケーキ&ゼリーに、ビスキュイチョコマカロンを添えました。グラスの中に冷たいシロップを入れて、お召し上がりいただきます。加賀正太郎が篤く支援した日本のウイスキーの父・竹鶴政孝と、その妻リタの物語に敬意を表した、大人のデザートです。
* アルコールを含みます
(当館HPより)

伝説の美食家 ブリア=サヴァランの名を冠するお菓子が、ウイスキーと出会ったらどうなるのでしょう?個人的には、シロップを注いだあと十分に時間を置いて、よ~く染み込ませてから食べるのがおすすめです。ちなみに、大山崎山荘の主 加賀正太郎は、大日本果汁(現・ニッカウヰスキー)の筆頭株主でした。

最後に、ケーキではありませんが、みなさまご存じ、<三ツ矢サイダー>をご紹介します。mitsuya.jpg

三ツ矢サイダーの前身である平野水は漱石も好んで飲んでいたと言われており『行人』にも登場します。当時から受け継がれる爽快感をお楽しみください。
(当館HPより)

三ツ矢サイダーの前身である「三ツ矢印平野水」は、現在の兵庫県川西市平野で採水された天然炭酸水を瓶詰にした飲料水です。漱石は自宅の冷蔵庫に平野水を常備していたとか。約100年前にここを訪れた夏目漱石に思いをはせながら、ロマンにひたってみませんか?

↓ 詳細情報です。

ケーキ単品 各550円
ケーキ・ドリンクセット 各950円
(コーヒー/紅茶 いずれかとセット)
三ツ矢サイダー 250円(単品のみ)
※ 税込、美術館入館料は別途必要

「見る」だけが美術館の楽しみではありません。喫茶室では、ケーキを味わい、その香りを楽しみ、鳥のさえずりを聴きながら、春の風を感じることができます。これも、立派な鑑賞体験ではないかなーと思うのです。
※ 喫茶室には屋内席もあります。加賀正太郎夫妻の旧寝室で、こちらもおすすめです♪

なにはともあれ、みなさまのお越しをお待ちしております!

(A)

ロベール・クートラス展限定 ミナ ペルホネンのバッグ

2017月1月26日
  • 喫茶室&ショップ
  • 展覧会

【1月26日にこのブログでご紹介した以下の商品は、ご好評につき完売いたしました】

先日のブログで、ロベール・クートラス展関連イベントで、デザイナー・皆川明さんにご講演いただいた様子をご紹介しましたが、実は、クートラスの「カルト」という作品をイメージした、皆川さんのミナ ペルホネン特注バッグを当館ミュージアムショップにて販売しているのです。本展覧会限定です!

ミナ ペルホネンのウェブサイトでもご紹介いただいていますので、すでにご存知のかたもたくさんいらっしゃるかもしれませんね。

大好評につき4色展開のうちブラックとホワイトは完売してしまったのですが、「どんなバッグか見たい」というお問合せを多くいただいていますので、ただいま販売中の2色をご紹介したいと思います。

ただ、こちらも数量限定、売り切れる可能性がありますのでどうかご了承ください。(完売いたしました)

brown.JPG

まずは、ブラウンです。ブラウンと呼んでいますが、実際には煉瓦のような赤味寄りのお色です。持ち手は薄いオレンジ色で、光の具合によってはピンクがかって見えることもあります。

blue.JPG

こちらはブルー、なんと当館のために今回特別に作っていただいた限定カラーです!吸い込まれるような深い青と、柔らかい黄色とのコントラストがぴりっと効いています。

色もさることながら、このバッグの大きな特徴は手触りではないでしょうか。素朴な麻、ビロードの質感に似たフロッキープリント加工が施されている「カルト」(長方形の部分)、柔らかくすべすべした持ち手、ぜひ実際に手に取って触ってみてください。

各3,456円(税込)、おひとりさま一点のみとさせていただいております。

(繰り返しますが・・・数量限定ですので、急いだ方がいいかもしれません。)

さて、「開館20周年記念 ロベール・クートラス展」前期は今週末29日まで、後期は30点ほど作品を入れ替えて1月31日からです。前期も後期も、全部作品を見たい!という方は今がラストチャンスです。

お越しをお待ちしております。

(A)

  • 1
  •  
  • 2