アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

「その他」を表示

みんなの宝物を守るために

2017月5月2日
  • その他

いよいよGWですね。お出かけの予定はお決まりでしょうか。
中には、美術館をめぐって心を充電するぞ!という方も多いでしょう。
また、新緑のなかハイキングに出かけたりなども素敵ですね。

天王山ハイキングコースの途中にある当館は、ハイキングがてら立ち寄ったりもできる最高のスポットです☆

ただ・・・

館内ではリュックサックを手に持っていただくか、前に抱えていただくようにお願いをしています。
(同じような内容を以前ブログに書いていますので、「知ってるよ」という方は読み飛ばしてくださいね)

なぜなら、館内には貴重な部材、調度品、美術品がそこかしこにあり、当たると大変危険なのです。

IMG_0733.JPG
実際、リュックサックが当たってステンドグラスが割れてしまったという事件も・・・。

IMG_0734.JPG

同じものを探し求めたのですが見つからず、泣く泣く違う色のガラスをはめています。
館内にはこのように、現代では再現が難しい貴重なものがたくさんあります。

ほかにも、100年ほど前のウィーンからやってきた下の時計、ちょっとぶつかるだけですぐに止まってしまう、繊細なハートの持ち主なんです。
傾いたまま寂しそうに止まっていることがよくありました。

IMG_0750.JPG

また、館内の貴重な作品にはセンサーがつけられていて、壁ドンしただけで警報が鳴ってしまいます(嘘じゃありません)。

本当はどんなバッグにも危険性はありますが、とくにリュックサックはふと存在を忘れてしまうのですよね。しかも背中にあるからどんなに小さくてもコントロールが難しいという・・・。
館内でリュックサックを背負っている方にはスタッフがお声掛けさせていただいていますが、やはり内心、ちょっと心苦しいのです。せっかくの休日、みんなで気持ちよく美術鑑賞していただきたいというのが本音です。

「でもリュックサックを手に持つのは重いよ・・・」という方はご安心ください!

IMG_0754.JPG

この人形の家のようなレストハウスに、100円リターン式のコインロッカーがあります。ぜひご利用ください。
また、大きなお荷物は受付でお預かりすることもできます。

***

さてさて、堅苦しいお話になってしまいましたので、これからは館内の貴重なマーブルガラスをご紹介します。
部屋ごとに色が違うので、ご来館の際はぜひ注目してみてくださいね!

IMG_0740.JPGIMG_0742.JPGIMG_0744.JPGIMG_0748.JPG

ご不便おかけしてしまいますが、文化財を修復・活用している、当館ならではの特殊事情をご理解いただけましたら幸いです。
これらの貴重な宝物は、私たちだけでなく、美術館を大切に思ってくださるみなさまのものです。
一緒に後世へ守り継いでいきましょう!

(A)

美術館を+αで楽しむグッズ その1

2016月10月15日
  • その他

美術館に行くとき、みなさんは何を持っていきますか?

ここでは、個人的に「これがあればほんの少し便利」と思うものをご紹介します。

大それたものではありません。「そんなの当たり前!」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、あれば当館だけでなく、いろんな美術館、博物館をちょっと快適に楽しめますよ。

第1弾は・・・IMG_8418.JPG

コインロッカー用の100円玉です。

※ 横に置いているのは、おもてなしウィーク(11月に大山崎町一円で開催されるおもてなしイベント。当館も今年は11月25日に参加します)のとき、大山崎ふるさとセンターで購入したマカロンコインケースです。今年も売っているかはわかりませんが・・・。

当館は大きなお荷物や、リュックサックなど背負うスタイルのバッグを本館に持ち込むことができません。なぜなら、美術館には大切な作品がたくさんありますし、とくに建物まるごと文化財の当館本館では、今では入手できないような貴重なものがそこかしこに散らばっており、うっかり壊そうものなら大変なことになってしまうのです。IMG_8423.JPG

実際に、リュックサックがぶつかって割れてしまったステンドグラスも・・・(涙)

そこで、当館ではレストハウスにコインロッカーを設置しています。IMG_8412.JPGこの建物です。これより先にはコインロッカーはありませんので、通り過ぎないように注意してください。IMG_8422.JPG小型のものは室内に、IMG_8415.JPG大型のものは屋外にあります。

IMG_8416.JPG

どちらも100円リターン式です。100円玉くらいあるだろうと思って油断していると、美術館に到着した時点でないことに気が付いてがっくりすることがよくありませんか?

このタイプのコインロッカーはだいたいどの美術館にも標準装備されていますので、100円さえあれば荷物を置いて楽々美術鑑賞に集中できます。「重い」ことは以外とストレスになるので、違いは大きいですよ。

! 100円の取り忘れ続出ですのでご注意を

ただし、コインロッカーの数には限りがありますし、入りきれない大荷物をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、受付でお預かりしますので、お申し付けください。

気分次第で、「美術館を+αで楽しむグッズ」シリーズを更新していこうと思います。なにかアイデアがありましたら、ぜひアンケートに書いて教えてください☆

(A)

銅駝美術工芸高校インターンシップ

2016月8月5日
  • その他

8月3日から今日までの3日間、京都市立銅駝美術工芸高等学校のみなさんがインターンシップで来られていました。

接客、監視、掃除、発送作業、絵はがきの袋詰めから作品の清掃まで、みっちり働いてくれました!

本日の成果をご覧ください。

IMG_7640.JPG

BEFORE

IMG_7644.JPG

丁寧に汚れを取り除いて・・・

(ヒツジのラブリーなおしりにご注目☆)

IMG_7649.JPG

AFTER!驚きの白さです。

大人顔負けの活躍で、頼もしいかぎりでした◎

美術館にはたくさんの人が関わっていて、見えないところにたくさんの努力があることがよくわかったのではないでしょうか。

将来の活躍に期待しています♪

(A)

  • 1