アサヒビール大山崎山荘美術館
 

STAFF BLOG スタッフブログスタッフブログ

ブログ記事「モネとブーランジュリーコース」を表示

モネとブーランジュリーコース

2013月8月19日
  • 近隣のおすすめランチ

本日ご紹介するのはJR山崎駅前、赤い扉が目印のパン屋
Boulangerie Etretat (ブーランジュリー エトルタ)さんです。
美術館の職員も足しげく通う、山崎駅前に無くてはならぬパン屋さんです。
それでは中へお邪魔します~

ブーランジュリー エトルタ 外観外国の飾りが飾られた可愛らしい店内には、たくさんのパンが並んでおり、あれやこれや目移りしてしてしまいます。

ブーランジュリー エトルタ 内観パンのほかにも、ジャムやパン作りの小麦粉、フォション(アサヒ飲料)などの飲み物も揃っています。

パン

パン

フォション(アサヒ飲料)いろいろ目移りしてしまいますが、、、
本日はとくにお勧めの2品をご紹介します。

まずは『クロワッサン』
一口食べると、そのさっくさくの食感に驚きます。
焼き加減や味にこだわって作っているそうで、時間が経ってもさくさくの食感が変らず、ずっとおいしく食べられるクロワッサンです。

クロワッサンもう一つのお勧めが『ガレット・ブレッサンヌ』です。
さっくり香ばしいブリオッシュ生地のパンのなかに、ヨーグルトとクリームチーズの酸味のきいたクリームがたっぷり入っています。爽やかな味わいで、暑くて食欲の無いときでも、ぺろりと食べられるやみつきパンです。

ご紹介しきれませんが、ほかにもお勧めのパンがたくさんございますので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

ガレット・ブレッサンヌ

エトルタをされている 伊藤さん(写真左)と古田さん(同右)は、大阪の有名ホテル各社で修行後、大山崎にエトルタを開業され、今年で6年目になります。

伊藤さん(写真左)、古田さん(同右)毎年フランスに行かれては、パンのアイディアや材料を仕入れてこられる研究熱心なお二人で、お店のパンもイル・ド・フランス産とシャルトル産の小麦など、こだわりの素材を使用されています。

パンちなみに、店名の「エトルタ」は、お二人がフランスのエトルタを訪れた際、その美しさが強く印象に残り付けられた名前だそうですが、当館所蔵作家の「モネ」も、エトルタの断崖の風景を描いています。次回展覧会(2013年9/21~)で展示されますのでお楽しみに。

エトルタさんのパンはどれを食べても、お二人の情熱と創意工夫を感じさせる特別なパンばかりです。
ぜひ、大山崎にお越しの際には、エトルタさんのパンを食べてみてくださいね。

パン

エトルタさんのパンを持って天王山にハイキング、帰りは美術館でケーキを食べてのんびりと過ごす休日なんていかがでしょうか。(美術館喫茶室では、ビールもご提供いたしておりますよ!)

みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。

『Boulangerie Etretat (ブーランジュリー エトルタ)』
営業時間 7:00~21:00 月・火曜定休。祝日営業。不定休。

ブーランジュリー エトルタ 内観